Logi BoltレシーバーにLogicoolのマウスやキーボードをペアリング(登録)する方法

Sponsored Links
ガジェット
Logi BoltレシーバーにLogicoolのマウスやキーボードをペアリング(登録)する方法

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

Logi BoltレシーバーにLogicoolのマウスやキーボードを登録(または追加)したい。
LogicoolのマウスやキーボードがLogi Boltレシーバーで接続できなくなってしまった。

比較的新しいLogicoolのマウスやキーボードの多くは、Logicool独自のUSBレシーバー(ドングル)である「Logi Boltレシーバー」に対応しています。

「Logi Boltレシーバー」は写真のように緑色のマークが入ったUSBデバイスです。

Logi Boltレシーバー

「Logi Boltレシーバー」には、複数台のマウスやキーボードの登録が可能で、最大6台まで登録できます。1つの「Logi Boltレシーバー」にまとめて登録しておくことで、パソコンなどの機器に「Logi Boltレシーバー」を1つ挿すだけで複数台のマウスやキーボードが使用できます。(Bloutooth接続よりも遅延が少なく安定した接続が可能です)

「Logi Boltレシーバー」と同じようなUSBレシーバーに、Unifyingレシーバーというものもあります。UnifyingレシーバーもLogicoolのマウスやキーボードを登録しておいて、1台のレシーバーでまとめて機器に接続可能なものですが、1世代前のものになり、「Logi Boltレシーバー」とは互換性がありません。

本記事では、「Logi Boltレシーバー」にマウスやキーボードを追加登録(ペアリング)する方法を紹介します。

また、Logicoolのマウスやキーボードには「Logi Boltレシーバー」が付属しているものもあり、その場合はチャンネル1ですでに登録済み(ペアリング済み)になっていますが、誤ってチャンネル1の登録を消してしまい、「Logi Boltレシーバー」で接続できなくなった場合にも本記事の内容で解決します。

Sponsored Links

「LOGI OPTIONS+」アプリをインストール

「Logi Boltレシーバー」にマウスやキーボードを追加登録(ペアリング)するには、Logicoolから提供されている純正アプリ「LOGI OPTIONS+」が必要です。

ここでは、「LOGI OPTIONS+」アプリのインストール方法を紹介します。
※今回はWindowsで説明しますが、Mac版も用意されていて、同様の手順で可能です
※すでに「LOGI OPTIONS+」アプリをインストール済みの方は読み飛ばしてください

Webブラウザで、以下のLogicool公式サイトにアクセスします。

Logi Options+ | ロジクール製品用ソフトウェアアプリ
お使いの製品の管理とカスタマイズを行うための次世代のアプリ。定義済みの設定、カスタムボタン構成、新しいインターフェース、デバイス ステータス情報などが特徴です

アクセスしたサイトで、「ダウンロード」をクリックします。
クリックすると「LOGI OPTIONS+」アプリのインストーラーがダウンロードされます。

「LOGI OPTIONS+」アプリのダウンロードサイト

ダウンロードした「LOGI OPTIONS+」アプリのインストーラーをダブルクリックして実行します。

「LOGI OPTIONS+」アプリのインストーラーを実行

「LOGI OPTIONS+」アプリのインストーラーが起動します。
「OPTIONS+ をインストール」をクリックします。

「LOGI OPTIONS+」アプリのインストーラーが起動

インストールが開始されます。
100%になるまで待ちます。

「LOGI OPTIONS+」アプリをインストール中

100%になると、「製品強化にご協力ください」画面が表示されます。
どちらかをクリックします。

「LOGI OPTIONS+」アプリのインストール(製品強化への協力)

「ログインして、設定をクラウドにバックアップしてください」画面が表示されます。
右上の「スキップ」をクリックします。

「LOGI OPTIONS+」アプリのインストール完了

これで「LOGI OPTIONS+」アプリのインストールは完了です。

Sponsored Links

「Logi Boltレシーバー」にキーボードを登録(ペアリング)する

ここでは、インストールした「LOGI OPTIONS+」アプリを使って、実際に「Logi Boltレシーバー」にLogicoolのキーボード(MX Keys Mini)を登録(ペアリング)する方法を紹介します。
※他のキーボードやマウスも同様の手順で登録できます

手元に、「Logi Boltレシーバー」と登録(ペアリング)したいマウスやキーボード(今回はキーボード(MX Keys Mini)」を用意します。

「LOGI OPTIONS+」アプリを起動します。

「LOGI OPTIONS+」アプリを起動

「Logi Boltレシーバー」を「LOGI OPTIONS+」アプリをインストールしたパソコンのUSB端子に挿入します。

「Logi Boltレシーバー」をパソコンのUSB端子に挿入

「LOGI OPTIONS+」アプリのトップ画面で「+ デバイスの追加」をクリックします。

「LOGI OPTIONS+」アプリのトップ画面で「+ デバイスの追加」をクリック

「Logi Bolt レシーバー」をクリックします。

「LOGI OPTIONS+」アプリで「Logi Bolt レシーバー」をクリック

ペアリング可能状態になるので、登録するキーボード(MX Keys Mini)をペアリングモードにします。(MX Keys Miniの場合は「1」キー長押しでペアリングモードになります)

登録するキーボードをペアリングモードにする

キーボードが検出されると以下のように表示されます。
ペアリングしたいキーボード(MX Keys Mini)が検出されたので、クリックします。

「LOGI OPTIONS+」アプリで検出される

キーボード(MX Keys Mini)で以下の数字とエンターを押します。

「LOGI OPTIONS+」アプリでキーボードをペアリング中

ペアリングが完了すると以下の画面が表示されます。
これで「Logi Boltレシーバー」へのキーボード(MX Keys Mini)の登録(ペアリング)は完了です。
右上の「×」をクリックします。

「LOGI OPTIONS+」アプリでキーボードをペアリング完了

トップ画面が表示され、登録したキーボード(MX Keys Mini)が表示されています。

「LOGI OPTIONS+」アプリで登録されたキーボードが表示される

すでに登録済みであったマウスも電源を入れると画面に表示されます。
「LOGI OPTIONS+」アプリでは、登録だけでなく削除や設定変更などあらゆる操作が可能です。

「LOGI OPTIONS+」アプリで登録されたマウスとキーボードが表示される

この「Logi Boltレシーバー」には、上記のようにマウスとキーボードが1台ずつ登録されているので、他のパソコンにレシーバーを差し替えてもすぐにこのマウスとキーボードが使用可能です。

まとめ

本記事では、「Logi Boltレシーバー」にマウスやキーボードを追加登録(ペアリング)する方法を紹介しました。

また、Logicoolのマウスやキーボードには「Logi Boltレシーバー」が付属しているものもあり、その場合はチャンネル1ですでに登録済み(ペアリング済み)になっていますが、誤ってチャンネル1の登録を消してしまい、「Logi Boltレシーバー」で接続できなくなった場合にも本記事の内容で解決できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました