マリオカート ライブ ホームサーキット をレビュー|開封編

ガジェット
マリオカート ライブ ホームサーキット をレビュー|開封編

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

Nintendo Switch で発売されたマリオカートライブホームサーキットの付属品を知りたい。開封の様子を見たい。

Nintendo Switchの新しいマリオカートが
2020年10月16日に発売されました。

その名は「マリオカートライブホームサーキット」です。

マリオカートライブホームサーキットはこれまでの
マリオカートとは大きな違いがあります。

その違いは、実物のマリオカートが室内を走り、
そのカートから見える映像がNintendo Switchの画面に映ります。

単にカートからの映像が映るだけではなく、
敵キャラクタやアイテムなどの映像が景色の上に合わさって
表示されるのです。

まさに室内がマリオカートの世界になるのです。

本記事では、開封編としてマリオカートライブホームサーキットの
開封の様子と付属品を紹介します。

マリオカートライブホームサーキットのパッケージを紹介

マリオカートライブホームサーキットのパッケージは
このような感じです。

サイズは、約40cm×19cm×14cmと結構大きめです。
※Nintendo Switch本体の箱ぐらいの大きさがあります

パッケージのそれぞれの面を順番に見てみましょう。

まずは、正面です。

背面はこんな感じです。

右側面です。

左側面です。

上面です。

底面です。

パッケージはこのような感じで、
これぞマリオカートっといった色やデザインになっています。

マリオカートライブホームサーキットを開封

パッケージを開封していきます。

パッケージを開けると、
「はじめにソフトをダウンロードしよう」という紙が
目に飛び込んできます。

紙を取り出すと、各種付属品が納っています。

付属品を取り出したところです。
1つ1つのパーツが大きいです。

マリオカートライブホームサーキットの付属品を紹介

付属品を確認していきましょう。

まずは、メインのカートです。
丁寧に梱包材に包まれていて、肝心のカートは見えません。
※カートは後で詳細に紹介します。

続いてはゲートです。
1番ゲートから4番ゲートまで4つのゲートがあります。

このゲートを順番に並べて、順番通りにカートを走らせます。
コースを構成するための大切なパーツになります。

次は矢印看板です。
2枚付属しています。

矢印看板は、ゲーム内では動く矢印看板になり、
自分の作ったコースの中で、どこに向かえば良いか
分かりやすくなります。

最後はUSB充電ケーブルです。
USB Type-A – USB Type-Cケーブルになっています。
カート側はUSB Type-Cで接続します。

おまけとして、スーパーマリオブラザーズ35周年の
ステッカーが入っていました。

カート(マリオ)を詳細に紹介

今回購入したのは、マリオカートライブホームサーキットの
マリオバージョンですので、付属のカートもマリオです。

それではカートを見ていきましょう。

まずは、正面です。
マリオカートの再現性が非常に高いです。
オブジェとしての価値も高いです。

背面です。
上部に電源ON時などに光るLEDを備えています。

左側面です。
マリオがしっかりとハンドルを握って座っています。

右側面です。

右側面は下から上にスライドさせると、
カート本体を充電するためのUSB Type-C端子が
現れます。

上手く充電端子を隠していますね。
※最初に充電端子を探すのに少し苦労しました

上から見たところはこのような形です。

カートの右側に四角いボタンが見えますが、
これが電源ボタンになります。

底面も見ておきましょう。
特に何もありませんね。

カメラはマリオの上に配置されています。
このカメラに映った映像がNintendo Switch本体に送信されます。

Switchの画面ではカメラの映像にゲーム情報を重ね合わせて、
リアルの世界とゲームの世界を融合します。

このようにカート自体はしっかりと作り込まれています。
走らせるのが楽しみです。

まとめ

Nintendo Switch で発売されたマリオカートライブホームサーキットの
開封の様子と付属品を紹介しました。

このカートが実際に走り、カートから撮影された映像が
ゲーム情報と融合してNintendo Switchの画面に映し出されます。
面白そうですね。

次は初期設定をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました