GoProにおすすめのSDカード5選|選び方と重要なポイントを紹介

Sponsored Links
ガジェット
GoProにおすすめのSDカード5選|選び方と重要なポイントを紹介

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

GoProで使用可能なSDカードを知りたい。
GoProで使用するSDカードの選び方とおすすめを知りたい。

GoProで撮影をするには、SDカードが必須です。

GoProを購入される時、あるいは購入された後に必ずSDカードを購入することになります。

しかし、どのようなSDカードでも使えるわけではありません。
一見同じようなSDカードでも、様々な規格があります。間違って購入してしまうと、GoProで使えなかったり、性能が発揮できなかったりします。

そのような失敗をしないように、本記事ではGoProで使用できるSDカードの選び方と、おすすめのSDカードを紹介します。(本記事の内容は最新のGoPro Hero9にも対応しています)

本記事を参考にSDカードを選択する事で、GoProで使えないといった失敗を防げます。

Sponsored Links

GoProでSDカードが必要な理由

GoProで静止画や動画を撮影する時、GoProはSDカードに撮影した静止画や動画を保存します。

つまり、SDカードが入っていないGoProでは撮影ができません。

本体を購入する際には必ずSDカードの購入も必須となります。

Sponsored Links

GoProで使用できるSDカードの種類

SDカードには3種類(SDカード、miniSDカード、microSDカード)の大きさがあります。

  SDカード miniSDカード microSDカード
長さ(縦) 32.0mm 21.5mm 15.0mm
長さ(横) 24.0mm 20.0mm 11.0mm
厚み 2.1mm 1.4mm 1.0mm
GoPro対応有無 × 非対応 × 非対応 ○ 対応

GoProで使用できるSDカードは、サイズの一番小さい「microSDカード」のみです。この大きさを間違えるとGoProに入りません。

microSDカードはスマートフォンなどにも多く採用されていますので、馴染みのある方も多いと思います。

GoPro用のSDカードを選ぶ際の重要3ポイントを紹介

SDカードを選ぶ際に重要な3つのポイントを紹介します。

ここで紹介する3つのポイントを抑えておくと、選択に失敗することはありません。

1)規格

microSDカードには、「SDHC(microSDHC)」「SDXC(microSDXC)」と2種類の規格があります。規格によって容量が異なります。SDHCは最大32GB、SDXCは最大2TBまでとなっています。

32GBよりも大きい容量を選択する場合には、規格は「SDXC(microSDXC)」になります。規格によって速度などに影響は出ませんので、32GB以下の容量を選択する場合には、どちらの規格でも大丈夫です。

2)データ容量

「データ容量」は録画できる時間に影響します。データ容量が大きければ大きいほど録画できる時間が長くなります。

データ容量ごとの録画時間の目安を示します。

  1080p / 30fps 4K / 30fps 5K / 30fps
32GB 約1時間15分 約1時間 約1時間
64GB 約2時間30分 約2時間 約2時間
128GB 約5時間 約4時間 約4時間
256GB 約10時間 約8時間 約8時間

あまりにも大きい容量を選択すると、万一、紛失した場合のリスクも大きくなりますので、その点も加味して決定すると良いです。

録画時間や紛失のリスク、価格などを総合的に考えた場合、64GB〜128GBが良いです。

GoProの世代によって、対応する最大容量が異なりますので、必ずお使いのGoProがどの容量まで対応しているかを確認の上、購入して下さい。
ほとんどのGoProは128GB以下であれば対応しています。

3)スピードクラス(ビデオスピードクラス)

「スピードクラス」とは、機器とSDカード間の転送速度の最低限を保証する規格です。
※厳密にはスピードクラスとビデオスピードクラスは別物ですが、簡単に理解できるようにここでは区別せず説明しています

GoProではGoPro Heroシリーズ全てにおいてV10(Class10)以上の速度を保証したmicroSDカードが必要になります。

スピードクラスと保証される最低限の速度の関係を示します。

スピードクラス 保証速度
V30 読み込み、書き込み時のデータ転送速度が最低 30MB/秒を保証
V10 (=Class10) 読み込み、書き込み時のデータ転送速度が最低 10MB/秒を保証
Class6 読み込み、書き込み時のデータ転送速度が最低 6MB/秒を保証
Class4 読み込み、書き込み時のデータ転送速度が最低 4MB/秒を保証
Class2 読み込み、書き込み時のデータ転送速度が最低 2MB/秒を保証

GoPro用には、必ずV10(Class10)以上のmicroSDカードを選択してください。

尚、Class表記の場合は以下のように、アルファベットのCの中にClassの数字が記載されています。(下の画像はClass10です)

GoProが推奨しているSDカード

GoProが推奨しているSDカードはGoProのサイトに掲載されていますので、紹介します。

あくまでも推奨であり、この中のSDカードでなければ動作しないわけではありませんが、この中に記載されているSDカードであれば動作が保証されていますので、安心です。

SD Cards that Work with GoPro Cameras
To consistently achieve the best results with your GoPro camera it is important to select microSD cards that are known to work well with your camera.  We recom...

GoProでおすすめのSDカード5選

AmazonなどでmicroSDカードを調べると、価格が非常に安い商品も出てきますが、このような商品は故障する確率が高かったり、GoProとの相性が悪く使用できないといったリスクが高くなります。

大切な思い出を記録するためのmicroSDカードなので、信頼性の高いメーカーの製品を選択すべきです。

ここでは、性能も信頼性も高いmicroSDカードを5つ紹介します。

1.SANDISK Extream 128GB(SDSQXA1-128G-GN6MA)

メーカー(ブランド):SANDISK
型番:SDSQXA1-128G-GN6MA
規格:SDXC(microSDXC)
データ容量:128GB
スピードクラス:V30対応

容量を重視したい方におすすめです。またコスパも高いです。

GoPro推奨のmicroSDカードで相性の心配もなく、SANDISKブランドであるため、安心できます。

本製品のレビューも紹介しています。

2.SANDISK Extream 64GB(SDSQXA2-064G-AN6MA)

メーカー(ブランド):SANDISK
型番:SDSQXA2-064G-AN6MA
規格:SDXC(microSDXC)
データ容量:64GB
スピードクラス:V30対応

性能とコストのバランスが最高です。

GoPro推奨のmicroSDカードで相性の心配もなく、SANDISKブランドであるため、安心できます。

3.SANDISK Extream 32GB(SDSQXA2-064G-AN6MA)

メーカー(ブランド):SANDISK
型番:SDSQXA1-128G-GN6MA
規格:SDHC(microSDHC)
データ容量:32GB
スピードクラス:V30対応

容量はそこそこで、価格を抑えたい方におすすめです。

GoPro推奨のmicroSDカードで相性の心配もなく、SANDISKブランドであるため、安心できます。

4.Lexar 64GB(LSDMI64GVBNA667A)

メーカー(ブランド):Lexar
型番:LSDMI64GVBNA667A
規格:SDXC(microSDXC)
データ容量:64GB
スピードクラス:V30対応

価格は少し高めですが、GoPro推奨のmicroSDカードですので相性の心配はありません。

5.Transcend 64GB(TS64GUSD300S-AE)

メーカー(ブランド):Transcend
型番:TS64GUSD300S-AE
規格:SDXC(microSDXC)
データ容量:64GB
スピードクラス:Class10対応

性能は若干劣りますが、価格を抑えたい方におすすめです。

GoPro推奨ではありませんが、SDカードでは定評のあるTranscendのmicroSDカードです。

まとめ

GoPro用のSDカードを選択する際の重要ポイントと、その重要ポイントを踏まえたおすすめのmicroSDカードを紹介しました。

最もおすすめするのはSANDISKのmicroSDカードです。
GoProも推奨していて、性能と価格のバランスが良いです。

microSDカードは大切な映像を保存する媒体ですので、慎重に選択して後悔しないようにしてください。

他にもGoProの関連記事を紹介しています。あわせて参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました