データ復元アプリ「4DDiG」をレビュー|簡単操作でデータを復元

Sponsored Links
IT全般
データ復元アプリ「4DDiG」をレビュー|簡単操作でデータを復元

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

誤って削除してしまったデータを専門知識なしで簡単に復元したい。

日々パソコンを使用していると、様々なデータを扱います。
データを保存したり、移動や削除したりと、データに対して様々な操作もします。

しかし、データ操作の中にはデータ削除のような取り返しのつかない操作があります。

不要だと思って削除してしまったデータが後で必要になったり、誤った操作でデータを削除してしまった場合、Windowsの標準的な機能で戻せる場合と、そうでない場合があります。

例えば、誤ってファイルを削除してもゴミ箱に入っているだけであれば戻すことが可能です。一方で、ゴミ箱から削除したファイルやゴミ箱を経由しない方法で削除したファイルは、Windowsの標準的な機能で戻すことはできません。

データを復元してくれる業者もありますが、業者に依頼すると数万円以上の費用がかかることもあり、気軽に依頼できるものではありません。

そこで本記事では、誤って削除してしまったデータを簡単な操作で復元可能なデータ復元アプリ「4DDiG」を紹介します。

「4DDiG」を使用することで、業者に依頼することなく誤って削除したデータを復元できます。

分かりやすい画面操作で復元できるので、詳しい知識がなくても安心です。(記事内で実際に復元する様子も紹介しますので、簡単に復元できるイメージを掴んでもらえると思います)

Sponsored Links

データ復元アプリ「4DDiG」の製品概要

データ復元アプリ「4DDiG」とは

「4DDiG」は、様々なデータ損失シナリオから失われたすべてのデータを高い成功率で復元できるアプリケーションです。

NTFS、FAT、APFS、HFS+、HFS Xなどの1000種類を超えるファイルとすべてのファイルシステムに対応していて、特許技術により、元の形式とサイズを維持したままデータを完全に復元することが可能です。

データを失った状況に関係なく、全てのデータを検索できる業界最高峰のデータ復元方法により、高い復元率を実現しています。

Windows版とMac版が用意されています。
本記事では、Windows版を用いて紹介します。

Windows版は、Windows11/10/8.1/8/7、Windows Server 2008-2019に対応しています。

詳細は、以下の公式サイトで確認できます。

【公式】4DDiG-最高のデータ復元ソフト2021(Windows & Mac)
4DDIG 無料ダウンロード版は、Windows PC、macOS、USBフラッシ...

無料版はどこまでできる?

「4DDiG」には、有料版だけでなく無料版が用意されています。

無料版は、データ復元の前に実施するスキャンとプレビューが可能です。
データを復元したい場合は有料版(ライセンス)を購入する必要があります。

購入する前に無料版でデータを復元可能か確認できるので安心です。

製品ラインナップ

「4DDiG」の有料版には、3つのライセンス形態が用意されています。

<ライセンス形態>
・月間更新ライセンス:1ヶ月間利用可能なライセンス
・年間更新ライセンス:1年間利用可能なライセンス
・永久ライセンス:期限のない永久利用可能なライセンス

いずれのライセンスも使える機能に差はありません。

パソコン1台分のライセンスになりますので、複数のパソコンで利用する場合はその台数分のライセンスが必要です。

ライセンスの詳細や価格については、以下の公式サイトで確認できます。

[公式] 失われたファイルの復元のためのTenorshare 4DDiG Windowsデータ復元を購入
Tenorshare 4DDiG Windowsデータ復元ソフトをお気軽にご購入く...

Sponsored Links

「4DDiG」のインストール方法

「4DDiG」のインストール方法を紹介します。

有料版を使用したい場合でもまずインストールするのは無料版になります。有料版を使用する場合は無料版をインストールし、無料版から有料版にアップグレードする形になります。
記事の中でもその方法を説明しています。

4DDiG」は公式サイトからインストーラをダウンロードして、インストールすることで、すぐに利用できます。その手順を順番に説明します。

1)以下の「4DDiG」の公式サイトにアクセスします。

【公式】Tenorshare 4DDiG Windowsデータ復元ソフトを無料ダウンロード
ハードドライブ、SD カード、USB、失われたパー&#...

2)アクセスした公式サイトの「無料ダウンロード」をクリックします。
  インストーラ(インストール用のファイル)がダウンロードされます。

データ復元アプリ「4DDiG」の公式サイト

3)ダウンロードしたインストーラを実行します。

データ復元アプリ「4DDiG」のインストーラファイル

4)インストーラが起動します。
  「インストール」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」のインストーラ(インストール開始)

5)インストールが開始されますので、しばらく待ちます。

データ復元アプリ「4DDiG」のインストーラ(インストール中)

6)インストールが完了すると、以下の画面が表示されます。
  「開始」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」のインストーラ(インストール完了)

7)「4DDiG」が起動します。

データ復元アプリ「4DDiG」の起動確認

これでインストールが完了し、起動も確認できました。

【実演】「4DDiG」を使って削除したデータを復元

実際に「4DDiG」を使って以下の2つのパターンで削除したデータを復元してみます。

1)消えたWindowsのデスクトップのフォルダを復元
2)初期化してしまったUSBメモリのデータを復元

以下の公式サイトでも誤って削除したフォルダの復元方法が紹介されていますので、あわせて参考にしてください。

フォルダを削除してしまったときの復元方法 [Windows 10]
自分の誤操作、パソコンの不具合などでフォ...

それでは順番に紹介します。

1)消えたWindowsのデスクトップのフォルダを復元

Windowsパソコンでデスクトップ上のフォルダが消えてしまった(消してしまった)場合に復元できるかを試してみます。

デスクトップにあるフォルダ「復元」の中に5種類(PDF、ワード、テキスト、画像、動画)のファイルが入っています。

データ復元アプリ「4DDiG」で復元するフォルダ(ファイル)

フォルダ「復元」ごと削除します。
※ゴミ箱を経由せずに完全に削除します

データ復元アプリ「4DDiG」で復元するフォルダを削除

念の為、ゴミ箱が空の状態であることも確認しておきます。

データ復元アプリ「4DDiG」で復元するフォルダがゴミ箱にもない状態

これでフォルダ(ファイル)を戻すことはできなくなりました。

ここからは、「4DDiG」を使って削除したフォルダに入っていたファイルを復元していきます。

「4DDiG」を起動します。

データ復元アプリ「4DDiG」を起動

復元したいファイルがある場所を選択します。
今回はデスクトップから削除した(消えた)フォルダを復元するので、「デスクトップ」を選択して「スタート」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」でデスクトップをスキャン対象に選択

復元したいファイルの種類を指定します。
今回は全ての種類を対象とするために、全項目にチェックがついている状態のままで「すべてのファイルタイプをスキャン」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」でスキャンの種類を選択

削除したファイルを検出するためのスキャンが開始されます。
完了するまでしばらく待ちます。
※スキャンするデータ量によって時間が異なります

データ復元アプリ「4DDiG」でスキャン実施中

スキャンが完了すると、ファイルを効果的に見つけるためのヒントが表示されます。
「分かった!」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」でスキャン完了(ヒント表示)

スキャンにより検出されたファイルがエクスプローラ形式で表示されます。

データ復元アプリ「4DDiG」でスキャン結果表示

削除されたファイルを探します。

データ復元アプリ「4DDiG」でスキャン結果から復元したいファイルを探す

今回は削除したフォルダに入っていた5つのファイルのうち、4つが検出されました。

ファイルの状態によって検出されない場合もあります。
時間経過によっても検出されにくくなりますので、削除してからできるだけ早く復元を試みるのが良いです。

復元したいファイルにチェックを付けて、「復元」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」のスキャン結果で復元したファイルを選択

ここまでの操作(スキャン)は無料版で可能ですが、ここから(復元)は有料版でのみ実施可能となります。無料版から有料版へのアップグレードの方法も含めて説明をしていきます。

有料版へのアップグレード画面が表示されます。

有料版のライセンスを購入するためには、「今すぐ購入」をクリックし、表示された公式サイトでライセンスを購入します。
※ライセンス購入の詳細は割愛しますが、表示された公式サイトに従って購入してください

ライセンスを購入した後、ライセンスを登録するために「登録」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」の有料版ライセンス登録画面

ライセンス登録の画面が表示されます。
ライセンス購入時に登録した「メールアドレス」と、発行された「登録コード」を入力し、「登録」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」で有料版ライセンスを登録

ライセンス登録が完了しました。
これで無料版から有料版へのアップグレードは完了です。
「OK」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」で有料版ライセンスの登録完了

復元先を選択する画面が表示されます。
復元先を選択し、「復元」をクリックします。

画面にも注意書きとして記載されていますが、復元先は復元したいファイルがあるパーティションとは別の場所を選択してください。(今回は外付けストレージを接続してそこに復元します)

データ復元アプリ「4DDiG」で復元場所を選択

復元が完了しました。
「復元されたファイルを表示する」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」でファイルの復元完了

復元したデータが格納されている場所がエクスプローラで表示されます。

データ復元アプリ「4DDiG」復元したファイルを表示

エクスプローラで階層をたどると復元されたファイルが見つかりました。
選択した4つのファイルが見事に復元されています。
ファイルも全て開く事ができました。

ファイルの状態によってはファイルが破損している場合もあります。
時間経過によっても復元しにくくなりますので、削除してからできるだけ早く復元を試みるのが良いです。

データ復元アプリ「4DDiG」でファイルが復元されていることを確認

たったこれだけの簡単な操作で削除したファイルが復元できました。

2)初期化してしまったUSBメモリのデータを復元

続いて、初期化(フォーマット)してしまったUSBメモリのデータを復元できるかを試してみます。

USBメモリ(Dドライブ)にあるフォルダ「復元テスト」の中に5種類(PDF、ワード、テキスト、画像、動画)のファイルが入っています。

データ復元アプリ「4DDiG」で復元する対象(フォーマットするフォルダ(ファイル))

USBメモリを初期化(フォーマット)します。

USBメモリを初期化(フォーマット)

フォーマットが完了しました。

USBメモリの初期化完了

USBメモリ(Dドライブ)の中身は完全に消去され、何もない状態になりました。

USBメモリにデータが存在しないことを確認

これでフォルダ(ファイル)を戻すことはできなくなりました。

ここからは、「4DDiG」を使って初期化したUSBメモリに入っていたフォルダ(ファイル)を復元していきます。

「4DDiG」を起動します。
復元したい場所として「USBドライブ(Dドライブ)」を選択し、「スタート」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」でUSBメモリを選択

復元したいファイルの種類を指定します。
今回は全ての種類を対象とするために、全項目にチェックがついている状態のままで「すべてのファイルタイプをスキャン」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」で全てのファイルを対象としてスキャン開始

しばらくするとスキャンが終わり、スキャン結果が表示されます。
スキャンにより検出されたファイルがエクスプローラ形式で表示されます。

データ復元アプリ「4DDiG」でスキャン完了

スキャンした結果、削除したフォルダに入っていた5つのファイルは、いくつかの階層に点在して存在していました。
残念ながら1つの動画ファイルは検出されていませんでしたので、残りの4つのファイルを選択し、「復元」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」でスキャン結果から復元対象のファイルを選択

復元先に復元したいファイルがあるパーティションとは別の場所を選択し、「復元」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」で復元先を選択

復元が完了しました。
「復元されたファイルを表示する」をクリックします。

データ復元アプリ「4DDiG」で復元完了

復元したデータが格納されている場所がエクスプローラで表示されます。
複数のフォルダにまたがっていますが、4つのファイルが復元できました。
ファイルも全て開く事ができました。

データ復元アプリ「4DDiG」で初期化(フォーマット)したUSBメモリのファイルが復元された

ファイル削除だけでなく、初期化(フォーマット)したデータも簡単な操作で復元できました。

公式サイトの情報も役立ちます

公式サイトでは「4DDiG」の紹介動画や役に立つ記事が公開されています。

合わせて参考にしてください。

■YouTubeでの紹介動画

■役立つ記事

【最新】Windows 11からWindows 10に戻す方法と注意点
【解決済み】Windowsで削除されたメモ帳ファイルを復元する方法には
Windowsに搭載されている「メモ帳」という機能は&...

まとめ

本記事では、誤って削除してしまったデータを簡単な操作で復元可能なデータ復元アプリ「4DDiG」を紹介しました。

ファイル復元という専門的な知識が必要な作業をいくつかの簡単な操作だけで実施できました。

業者に依頼すると数万円以上の費用がかかることもあるデータ復旧作業が、自分で簡単にできます。しかも何回でも使えます。

まずは無料版で試して復元できそうかどうかを確認できますので、復元できそうなら有料版を購入するというので良いと思います。復元したい大切なデータがあるのなら、是非試してみてください。

【公式】4DDiG-最高のデータ復元ソフト2021(Windows & Mac)
4DDIG 無料ダウンロード版は、Windows PC、macOS、USBフラッシ...
【公式】Tenorshare 4DDiG Windowsデータ復元ソフトを無料ダウンロード
ハードドライブ、SD カード、USB、失われたパー&#...
フォルダを削除してしまったときの復元方法 [Windows 10]
自分の誤操作、パソコンの不具合などでフォ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました