PR

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードをレビュー

Sponsored Links
ガジェット
Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードをレビュー

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

  • JIS日本語配列で有線でもワイヤレスでも使用できるメカニカルキーボードを探している
  • KeychronのJIS日本語配列ワイヤレスメカニカルキーボード「Keychron K8 Pro」がどのような製品か知りたい

メカニカルキーボードのメーカーとして有名になってきたKeychronから、JIS日本語配列の「Keychron K8 Pro」が発売されました。

個人的に普段から「Keychron K8」を愛用しているのですが、その上位版である「Keychron K8 Pro」が販売されたので購入しました。

「Keychron K8」については、以下の記事を参考にしてください。

本記事では、KeychronのJIS日本語配列ワイヤレスメカニカルキーボード「Keychron K8 Pro」を紹介します。

「Keychron K8 Pro」は以下の特徴を備えたメカニカルキーボードです。

・WindowsとMac、Linuxに対応している
・有線とワイヤレス(bluetooth)の両方の方式で接続が可能
・QMKとVIAでキーの割り当て変更やマクロコマンドの登録が可能
・キースイッチが赤軸、茶軸、青軸の3種類から選択可能
・キースイッチの交換に対応している
・2万円程度で購入可能

打ち心地も良く、機能豊富なメカニカルキーボードで、コストパフォーマンスが非常に高い製品です。

Sponsored Links

Keychron K8 Pro JIS日本語配列キーボードの製品概要

Keychron K8 Proは、Keychron社が販売するテンキーのない91キーのメカニカルキーボードです。

先にもあげたように、以下の特徴を備えています。

・WindowsとMac、Linuxに対応している
・有線とワイヤレス(bluetooth)の両方の方式で接続が可能
・QMKとVIAでキーの割り当て変更やマクロコマンドの登録が可能
・キースイッチが赤軸、茶軸、青軸の3種類から選択可能
・キースイッチの交換に対応している
・2万円程度で購入可能

また、今回紹介するRGBモデル以外にもWhite LEDライトモデルも用意されています。
※White LEDライトモデルはフレームがプラスチックであったりと、RGBモデルとは異なる点があります

RGBモデルの主な仕様は以下のとおりです。

対応OS WindowsとMac、Linuxに対応
(他にもiOS、Androidにも対応)
接続方式 Bluetoothで3台の機器と接続、切り替えに対応
USBケーブルでの有線接続にも対応
キー配列 日本語配列(JIS)、英語配列(US)が選択可能
キー数 日本語配列(91キー)、英語配列(87キー)
キータイプ 赤軸(静音)、青軸(カチカチ音)、茶軸(打鍵感)から選択可能
キーエフェクト
(バックライト)
13種類以上のRGBバックライト設定に加え、静的ホワイトバックライトのオプションも搭載。さらにRGBの色相、彩度、輝度、エフェクトスピードを簡単に微調整することが可能。
サイズ 幅:359mm
縦:127mm
高さ:前面35mm、背面42mm
重さ 約1146g(アルミフレーム)

Sponsored Links

Keychron K8 Pro JIS日本語配列キーボードを開封

Keychron K8 Pro JIS日本語配列キーボードのパッケージを開封します。

パッケージは紙製の箱で、薄いビニールで保護されているので配送時の水濡れも心配ありません。
黒を基調としたデザインで高級感があります。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードのパッケージ表側
Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードのパッケージ裏側

パッケージを開封すると、最初にスポンジの緩衝材が現れます。
しっかりと中の内容物を保護しています。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードのパッケージを開封

スポンジの緩衝材を取り出すと、パッケージの中に内容物が綺麗に収まっています。
きっちりとした梱包で安心できます。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードのパッケージを開封

Keychron K8 Pro JIS日本語配列キーボードの内容物(付属品)

Keychron K8 Pro JIS日本語配列キーボードの内容物(付属品)を紹介します。

パッケージの中には、以下の9点が入っています。

<内容物>
・Keychron K8 Proメカニカルキーボード本体
・USBケーブル(Type-A to Type-C)
・キーキャップ交換器具
・キースイッチ交換器具
・工具セット(ドライバ、六角レンチ)
・交換用キーキャップセット
・ユーザーマニュアル
・クイックガイド
・キースイッチ交換時の注意事項

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードの内容物(付属品)

充電や有線接続時に使用するUSBケーブルが付属します。
Type-A to Type-Cケーブルで、Type-C側の形状はL字になっています。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードに付属のUSBケーブル

キーキャップ交換時にキーキャップを外すための器具とキースイッチ交換用の器具が付属しています。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードに付属のキーキャップ取り外し器具
Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードに付属のキースイッチ取り外し器具

交換用のキーキャップは、黒のエスケープキーが1つとWindowsキーが2つ、Windows用のAltキーが2つ付属しています。Windowsでの利用がメインの場合に、キーキャップを交換できるのは嬉しいです。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードに付属の交換用キーキャップ

プラスドライバと六角レンチも付属します。
キーボードを開ける際に使用します。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードに付属の工具

日本語で記載されたユーザーマニュアルが付属します。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードに付属のユーザマニュアル

各種マニュアルは、以下の公式サイトからも確認できます。
(付属のマニュアルとは違い、サイトのマニュアルは英語表記です)

K8日本JISレイアウトキーボードユーザーマニュアル
K8クイックスタートガイド K8キーボードユーザーマニュアル K8を分解する方法は? K8キーボードキーキャップレイアウトHD画像 K8キーボードプレートファイル

Bluetoothでの接続方法やバックライトの変更方法など、必要な操作が簡潔に記載されたクイックガイドも付属しています。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードに付属のクイックガイド

キースイッチ交換時の注意事項が記載されたカードも付属しています。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードに付属のキースイッチ交換時の注意事項
Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードに付属のキースイッチ交換時の注意事項

Keychron K8 Pro JIS日本語配列キーボードの外観と使用感

Keychron K8 Pro JIS日本語配列キーボードの外観を紹介します。

黒を基調としたアルミフレームに、黒と青のキーキャップで落ち着いた配色となっているところに、オレンジのescキーがワンポイントとなっています。

アルミフレームによって重厚感があり、高い剛性を実現しています。
キーキャップはABS素材でレザー刻印されています。丸みを帯びていて可愛らしいです。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードの表側全体

裏側には可変式の脚があり、高さ調整が可能です。
本製品は技適を取得していて、技適マークがプリントされています。日本国内でのワイヤレス接続も問題ありません。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードの裏側全体
Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードの裏側の技適マーク

脚(チルトスタンド)は2段階での調整が可能です。
(上の画像は1段階目、下の写真は2段階目)

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードのスタンド
1段階目
Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードのスタンド
2段階目

端子やスイッチ類は左側面に集約されています。
左から、
・充電や有線接続用のUSB Type-C端子
・WindowsとMacのキー配列変更スイッチ
・Bluetooth接続と有線接続、電源OFF切り替えスイッチ
です。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードのスイッチ類

カーソルキーの上にはLEDライトが3つ備わっています。
左から、バッテリー状態LED、Bluetooth状態LED、CapsLock状態LEDです。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードのLEDライト

RGBライトの発色もよく、13種類以上のパターンが用意されています。
RGBの色相、彩度、輝度、エフェクトスピードを変えるなどの細かな設定も可能です。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードのRGBライト

キーボードの手前側の高さは約2.4cmとかなり高さがあります。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードの高さ

この高さのまま使用すると手首を痛める恐れがありますので、パームレストの使用をおすすめします。
(むしろパームレストの使用は必須と考えた方が良いです)

Keychron K8純正の木製パームレストもあります。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードとパームレスト

段差がほとんどなくなり、手首への負担を軽減して快適にタイピングができます。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードの高さをパームレストで軽減

こちらの記事でKeychron K8 純正のパームレストを紹介しています。あわせて参考にしてください。

今回は茶軸を購入しました。
程よいタイピング音と気持ちの良い打鍵感で、タイピングをしていて楽しいです。
「Keychron K8 Pro」は、吸音フォームとシリコンボトムパッドが内部に取り付けられていて、「Keychron K8」よりも少し音の響きが少なくなり、タイピングがより快適になりました。

Keychron K8 Pro JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードのスイッチ(茶軸)

QMKとVIAでキーの割り当て変更やマクロコマンドの登録が可能なので、より便利に使えます。

WindowsとMacに完全に対応していて、ワイヤレスで最大3台の機器に接続可能なので、WindowsとMacの両方を使っている方には特におすすめです。「Keychron K8 Pro」が1台あれば同じキーボードでWindowsもMacも操作でき、作業効率が上がります。

個人的には、独立したカーソルキーが便利で、他のキーと押し間違えることもないので快適です。

テンキーを省略したモデルなので、サイズもコンパクトで場所をとりません。

ただ、1つ気になる点があり、それはオートスリープを無効にする方法が分からなかった事です。キーボードを使用していない状態が一定時間継続すると、バッテリー節約のためにオートスリープに入り、機器との接続が切れます。再度使用する場合には、キーを押すとスリープから復帰するのですが、すぐにキーを打てないという問題があります。(K8の場合は、fnキー+Sキー+Oキーを3秒以上同時押しでオートスリープの有効・無効を切り替えられました)

まとめ

本記事では、KeychronのJIS日本語配列ワイヤレスメカニカルキーボード「Keychron K8 Pro」を紹介しました。

「Keychron K8 Pro」はWindowsとMacに対応し、ワイヤレス(Bluetooth)で最大3台の機器と接続が可能です。打ち心地が良く、機能豊富なメカニカルキーボードで、コストパフォーマンスが非常に高い製品です。

3〜4万円のメカニカルキーボードは手が出ないけれど、高機能で打ち心地の良いメカニカルキーボードがほしい方には特におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました