ガジェット

Sponsored Links
ガジェット

PD 30W対応で超小型のCIOモバイルバッテリーをレビュー(SMARTCOBY Pro 30W)

本記事では、急速充電(PD)対応で最大30W出力が可能なCIOの10,000mAhのモバイルバッテリーを紹介します。 PD 30W対応のCIOモバイルバッテリーがあれば、スマートホンやタブレットだけでなく、M1のMacBookAirまでも高速充電が可能になります。 本体は超小型なので、外出時に1つ用意しておくと便利です。
ガジェット

NimasoのL字型60W PD対応USB Type-Cケーブルをレビュー

本記事ではNimasoのL字型60W PD対応USB Type-Cケーブルを紹介します。 NimasoのL字型USB Type-Cケーブルを使えば、これまでケーブルが邪魔で設置できなかった場所にも設置が可能になります。また、ケーブルもスッキリと配線できます。
ガジェット

Amazonで再販!「RAVPower」の充電器(アダプタ)が復活!?

本記事では、販売停止になった「RAVPower」の製品(充電器・充電アダプタ)は今どうなっているのか、そもそも製品としての品質はどうなのかという点について紹介します。 結論から言うと、「RAVPower」の製品(充電器・充電アダプタ)は現在Amazonで購入可能です。また品質においては実際に使っていても他の有名ブランドの製品に負けないぐらい良いものと感じています。
Sponsored Links
ガジェット

High ResolutionのUSB DAC「MOTU M2」の開封レビューと付属品を紹介

本記事では、「MOTU M2」の開封の様子や外観、付属品を紹介します。 また、MOTU M2と接続しているスピーカーなど実際の使用環境も紹介します。
ガジェット

3台同時ワイヤレス充電可能な「Anker PowerWave+ 3-in-1」をレビュー

本記事では、3台同時ワイヤレス充電可能な「Anker PowerWave+ 3-in-1」を紹介します。 「Anker PowerWave+ 3-in-1」を使うことで3つのメリットが得られます。 ・充電ケーブルが1本にまとまる ・ケーブルの抜き差しが不要(すべてワイヤレス充電) ・コンパクトに収まる
ガジェット

Xiaomiのスマート抗菌加湿器「Mi Smart Antibacterial Humidifier」をレビュー

本記事では、Xaiomi(シャオミ)のスマート抗菌加湿器「Mi Smart Antibacterial Humidifier」を紹介します。 UV除菌によりタンク内の水を清潔に保ち、十分な加湿性能を備え、さらにスマートホンや音声アシスタントによる操作も可能です。 見た目もスマートで、インテリアとしてもカッコいい製品になっています。
ガジェット

Keychron K8 純正の木製パームレストをレビュー

本記事では、Kyechron K8 純正の木製パームレストを紹介します。 Kyechron K8 以外のキーボードでも使用できます。 Kyechron K8 純正の木製パームレストは、手首への負担軽減はもちろん、サラッとした感触で使用感がとても良いです。
ガジェット

Keychron K8 JIS日本語配列ワイヤレスメカニカル キーボードをレビュー

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。 次のような条件に当てはまるキーボードを探している・macとwindowsに両対応している・bluetooth(ワイヤレス)接続ができる・有線での接続もできる・日本語配列(JIS配列)...
ガジェット

高コスパ!サードパーティ製(Chihope)のApple Watch用 充電器をレビュー

本記事では、純正ではないサードパーティ製(Chihope製)のApple Watch用充電器を紹介します。 ChihopeのApple Watch用充電器は安価でありながら、Apple Watchをしっかりと充電してくれます。使い勝手としてもApple純正の充電器と遜色はありません。
ガジェット

eMeetのUSB接続ボリュームコントローラ「eMute」をレビュー

本記事では、eMeetのボリュームコントローラ「eMute」を紹介します。 eMeetのボリュームコントローラ「eMute」を使えば、煩わしいマウス操作なしにミュートやミュート解除、ボリュームの上げ下げができて、生産性が向上します。
ガジェット

Keychron K8 JIS日本語配列のファームウェアバージョンアップ方法|英数、かなキーが動作しない問題も解消

本記事では、Keychron K8 JIS日本語配列モデルのファームウェアをバージョンアップする方法を紹介します。 ファームウェアをバージョンアップすることで、Macで英数キーとかなキーがちゃんと使えるようになります。また、それ以外の不具合もファームウェアのバージョンアップによって解消します。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました