Sponsored Links
IT全般

【SDカード復元】GoPro SDカードをフォーマットした後にデータの復元は可能?【4DDiGレビュー】

本記事では、簡単な操作でデータ復元できるアプリ「4DDiG」を使って、SDカードから誤ってフォーマットしたデータを復元する方法を紹介します。 無料版でファイルが復元できるかを確認できるので、復元できると判断してからアプリを購入すれば良く、安心です。
ガジェット

USBを多数(10ポート)備えたUSBハブ「Anker PowerPort 10」をレビュー

本記事では、1つの充電アダプタで10個のUSBケーブルを接続可能なUSBハブ「Anker PowerPort 10」を紹介します。 「Anker PowerPort 10」があれば、最大10台のUSB機器を同時に充電可能です。 様々な種類(USB Type-C、ライトニング、USB micro-Bなど)のケーブルを予め挿しておくことで、ケーブルを差し替えることなく充電が可能です。
IT全般

シンプルで簡単な画面録画アプリ「EaseUS RecExperts for Mac」をレビュー

本記事では、シンプルで簡単な画面録画アプリ「EaseUS RecExperts for Mac」を紹介します。 「EaseUS RecExperts for Mac」は操作が簡単で、誰でもすぐに画面録画ができるようになります。また、低価格であるため導入コストも抑えられます。
Sponsored Links
ガジェット

SwitchBot の温湿度計を専用アプリで連携する方法と使い方を紹介

本記事では、SwitchBot専用のアプリを使ってSwitchBot の温湿度計の状態をスマートホンから確認する方法を紹介します。 SwitchBot専用のアプリを使えば、現在の温湿度だけでなく、過去の温湿度の履歴がグラフ表示で確認できます。 不在の間の温湿度状態を確認するのにも役立ち、室内環境の改善にも繋げられます。
ガジェット

コンパクトボディで様々な場所で計測できる「SwitchBot の温湿度計」をレビュー

本記事では、コンパクトでシンプルなSwitchBot の温湿度計を紹介します。 温湿度の計測に特化していて、コンパクトなボディなので様々な場所での計測が可能です。 SwitchBot の温湿度計があれば、パソコンケース内部などの小さなスペースでも温湿度の計測ができ、活用の幅が広がります。
ガジェット

iPad mini6のワイヤレス充電を可能にするケース「PITAKA MagEZ Case Pro」をレビュー

本記事では、iPad mini6 のワイヤレス充電を可能にするPITAKAのケース「iPad mini6用 MagEZ Case Pro」を紹介します。 「iPad mini6用 MagEZ Case Pro」を装着することでワイヤレス充電(ケーブルを挿さずに充電)が可能になり、充電ケーブルを挿すという煩わしさから解放してくれます。
ガジェット

タニタの温湿度計 TT-580 をレビュー(温度、湿度の履歴をグラフ表示)

本記事では、現在の温度、湿度の表示に加えて、過去の温度、湿度の履歴をグラフ表示できるタニタの温湿度計「TT-580」を紹介します。 タニタの温湿度計「TT-580」は、現在の温度、湿度、日付、時刻に加えて、過去1週間の温度と湿度の履歴をグラフ表示で確認できます。
ガジェット

Francfrancのハンディファン2022年モデルをレビュー

本記事では、Francfrancのハンディファン(2022年モデル)を紹介します。 Francfrancのハンディファンは使い勝手も良く、風量と静音性のバランスも優れています。さらにデザインも良く、男女問わずおすすめできる製品です。
ガジェット

【高コスパ】DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」をレビュー

そこで本記事では、安価で冷却性能が高いDEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」を紹介します。 DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」は、安価でありながら十分な冷却能力を備えているので、費用を抑えつつ、しっかりと冷却したい方におすすめの製品です。
ガジェット

DEEPCOOL「AK400」とIntel 12世代Core i5 12400のリテールクーラーの性能を比較

本記事では、コスパが良いことで評判のDEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」とCorei5 12400に付属のリテールクーラーの性能を比較します。 結論としては、より静かに、より冷却したいという方は、DEEPCOOL「AK400」一択です。
ガジェット

【Windows編】Logicool OptionsアプリでMX ANYWHERE3をカスタマイズする方法

本記事では、WindowsパソコンにLogicool Optionsアプリをインストールする方法とアプリを使って「MX ANYWHERE3」のボタンの動作をカスタマイズする方法を紹介します。 Logicool Optionsアプリを使うことで、「MX ANYWHERE3」を自分好みの設定にカスタマイズでき、より活用できるようになります。
Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました