iPadにピッタリなタブレットスタンド「and S」をレビュー|自由に角度調整可能

Sponsored Links
ガジェット
iPadにピッタリなタブレットスタンド「and S」をレビュー|自由に角度調整可能

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

  • 自由に角度調整可能なiPad用のスタンドを探している。
  • iPadに簡単に取り付け、取り外しができるスタンドが知りたい。

iPadなどのタブレットを使用する場合、スタンドがほしいと思ったことはありませんか?

特に動画(映画)鑑賞やネットサーフィン、ゲーム(コントローラを使うような)をする場合は、タブレットを横向けで使う事が多く、タブレットを支えていると手が疲れてきます。手から離して平らに置いても良いのですが、そうすると画面が見えにくくなってしまいます。

そこで便利なのがタブレットスタンドです。

タブレットスタンドは大きく「一体型(本体に取り付けるタイプ)」と「分離型(本体とは別にスタンドを用いるタイプ)」の二つのタイプに分類できますが、使用頻度が高い場合や持ち運びを考えると一体型が適しています。

そこで本記事では、iPadなどのタブレットに取り付けて一体型で使用できるスタンド「and S」を紹介します。

「and S」は自由な角度調整が可能で、タブレット本体への取り付け、取り外しが簡単に行えるタブレットスタンドです。

不要な時には簡単に取り外せるので、シーンに合わせて使い分けができます。
タブレットを使うのがこれまで以上に快適になります。

今回は、レビュー用にサンプル品をご提供いただきましたので、サンプル品にて本記事を作成しています。

Sponsored Links

iPadなどのタブレット用スタンド「and S」とは?

タブレットスタンド「and S」をiPad mini6に装着

「and S」はiPadなどのタブレットに取り付けるスタンドです。
しっかりとした作りで、特殊なヒンジ機構(特許技術)により無段階の角度調整が可能です。

大きさは「Sサイズ」と「Mサイズ」の2種類があります。

主な仕様は以下の通りです。

  Sサイズ Mサイズ
カラー 2色(ブラック、ホワイト) 3色(ブラック、ホワイト、キャメル)
サイズ 約W136 × H200 × D4mm 約W180 × H250 × D4mm
重量 約160g 約275g
材質 PU(ポリウレタン) PU(ポリウレタン)
傾斜角度 約19度から77度まで 約19度から77度まで
最適タブレット iPad mini 6に最適設計 iPad Pro 11インチに最適設計

iPad mini6とiPad Pro 11インチに最適なように設計されていますが、他のタブレットや機器でも使用可能です。

「and S」は現在クラウドファンディングにて購入が可能です。
購入や本製品の詳細については下記のサイトで確認いただけます。

iPad mini 6やiPad Pro 11inchに最適な「無段階」スタンド
iPad等のタブレット端末に「スタンド」は欠かせません。市販の商品で「視聴角度が今ひとつだな‥‥」と、常日頃感じているのであれば、この「and S」(アンドエス)がおすすめ。特殊なヒンジ機構で成せる無段階角度と、スタンドの取付・取外しが容易なマウント機構で、利用シーンに合わせた最適な使い方が可能に。

Sponsored Links

「and S」のパッケージと付属品を紹介

「and S」のパッケージです。
パッケージの表側は、シンプルで落ち着いたデザインです。

タブレットスタンド「and S」のパッケージ表側

パッケージの裏側では、製品の特徴や利用シーンなどが紹介されています。

タブレットスタンド「and S」のパッケージ裏側

パッケージを開封すると、中には以下の6点が入っています。
※写真はSサイズの内容物ですが、Mサイズも同様です

<内容物>
・「and S」タブレットスタンド
・マウント(3枚)
・マウント貼り付けガイド
・マウント取り外しカード
・スマホリング
・マニュアル(説明書)

タブレットスタンド「and S」の内容物

マウントはタブレットスタンドを取り付けるためのもので、タブレット本体に貼り付けて使います。マウント貼り付けガイドはマウントをタブレット本体に貼り付ける際に、貼り付ける位置を補助してくれます。マウント取り外しカードはタブレット本体からマウントを剥がすときに使用します。

タブレットスタンド「and S」のマウントキット

マウントはプラスチック製で、表側にはロゴがプリントされています。
簡単に曲がったり割れたりしないように、かなりの強度があります。

タブレットスタンド「and S」のマウント表側

裏側には、マウントをタブレットに貼り付けるための粘着テープが付いています。
信頼の高い3M社の粘着テープが採用されています。

タブレットスタンド「and S」のマウント裏側

マウント貼り付けガイドには、マウントの貼り付け方も記載されています。

タブレットスタンド「and S」のマウント貼り付けガイド

スマホリングも付属しています。

タブレットスタンド「and S」のスマホリング全体

材質はプレートがポリカーボネートで、リングは金属(メッキ)です。

タブレットスタンド「and S」のスマホリング表側

裏側は、マウントに取り付けられるようになっています。

タブレットスタンド「and S」のスマホリング裏側

「and S」の見た目を紹介

「and S」(タブレットスタンド)本体を見ていきます。

今回紹介する「and S」(タブレットスタンド)は、ホワイトのSサイズとブラックのMサイズです。

スタンドの外側です。
材質はPU(ポリウレタン)です。革のような加工で高級感があります。

タブレットスタンド「and S」のタブレットスタンド外側(Sサイズ)
Sサイズ(ホワイト)
タブレットスタンド「and S」タブレットスタンド外側の模様(ホワイト)
表面の模様(ホワイト)
タブレットスタンド「and S」のタブレットスタンド外側(Mサイズ)
Mサイズ(ブラック)
タブレットスタンド「and S」のタブレットスタンド外側の模様(ブラック)
表面の模様(ブラック)

スタンドの内側です。
内側はタブレットに接触する部分ですが、短くて柔らかい起毛でタブレット本体を傷つけないようになっています。(Apple純正のSmart Folioの内側に似ています)

タブレットスタンド「and S」のタブレットスタンド内側(Sサイズ)
Sサイズ(ホワイト)
タブレットスタンド「and S」のタブレットスタンド内側(Mサイズ)
Mサイズ(ブラック)

内側はタブレットのカメラと干渉しないようにくぼみがあります。
マウントと接続するためのくぼみもあります。
側面にはApple Pencilなどのタッチペンを収納するホルダーが備わっています。

タブレットスタンド「and S」のタブレットスタンドのカメラとマウントのくぼみ(Sサイズ)
Sサイズ(ホワイト)
タブレットスタンド「and S」のタブレットスタンドのカメラとマウントのくぼみ(Mサイズ)
Mサイズ(ブラック)

スタンドの厚さは僅か4m弱と薄いです。

タブレットスタンド「and S」のタブレットスタンドの厚み(真横)
タブレットスタンド「and S」のタブレットスタンドの厚み(斜め横)

スタンドは中央で折れ曲がる形状になっています。
曲げる時の硬さは、硬すぎず、柔らかすぎず、程よい力加減で調整可能です。
勝手に角度が変わるようなことはありません。

折り曲げた状態の外側です。

タブレットスタンド「and S」のタブレットスタンドを折り曲げた状態(外側)

折り曲げた状態の内側です。

タブレットスタンド「and S」のタブレットスタンドを折り曲げた状態(内側)

iPadへの「and S」の装着方法と使用感を紹介

実際に「and S」をiPadに装着します。

今回はケースの上からマウントを貼り付けて装着しますが、もちろんiPad本体に直接マウントを貼り付けても問題ありません。(マウントの接着力が強力なので、マウントを剥がす際に本体への影響が気になる方はケースの上からマウントを取り付けた方が良いかもしれません)

iPad mini6にSサイズのスタンドを装着していきます。
(今回はクリアケースの上に装着します)

タブレットスタンド「and S」を取り付けるiPad mini6

iPad mini6の上に「マウント貼り付けガイド」をズレないように置きます。

タブレットスタンド「and S」を取り付けるためにマウント貼り付けガイドを置く

マウント裏の粘着テープのシートを剥がします。

タブレットスタンド「and S」を取り付けるためにマウントのシートを剥がす

「マウント貼り付けガイド」のマウントの形に空いた穴にマウントを置いて貼り付けます。

タブレットスタンド「and S」を取り付けるためにマウントを貼り付ける

「マウント貼り付けガイド」を取り外すと、マウントの貼り付けは完了です。

タブレットスタンド「and S」のマウントを取り付け完了

貼り付けたマウントにスタンドを取り付けていきます。

スタンドをマウントにはめ込みます。
(このように90度ズレた形になります)

タブレットスタンド「and S」をマウントにはめ込む

スタンドを90度回転させると、スタンドがしっかりと固定されます。
これでスタンドの取り付けは完了です。

タブレットスタンド「and S」を取り付けるためにマウントに取り付けたスタンドを90度回転

スタンドを取り外したい場合は、逆に90度回転させるだけです。
取り付け、取り外しは簡単にできます。

iPad mini6とスタンドはサイズがほぼ同じなので、横から見てもピッタリと合っています。
もちろん他のタブレットにも取り付けは可能です。

タブレットスタンド「and S」を取り付けたiPad mini6(斜め上)

スタンドの角度は、約19度から77度までの範囲であれば自由に調節可能です。
この様に急な角度から緩やかな角度まで自由自在です。

タブレットスタンド「and S」を取り付けたiPad mini6(角度深め)
タブレットスタンド「and S」を取り付けたiPad mini6(角度中間)
タブレットスタンド「and S」を取り付けたiPad mini6(角度浅め)

スタンドを使いながらタッチペンでの手書きも問題ありません。
力を入れて書いても安定しています。

ペンホルダーにしっかりとタッチペンを収納できます。

市販のケースの上からスタンドを装着した場合、第2世代Apple Pencilをペンホルダーに収納したままでは、側面での充電はできません。充電の際はペンホルダーに入れずに充電する必要があります

タブレットスタンド「and S」を取り付けたiPad mini6にタッチペンを収納

スマホリングにも簡単に交換できます。

タブレットスタンド「and S」に付属のスマホリングをiPad mini6に取り付け

スマホリングはリングの向きも角度も自由に調整できて使いやすいです。

タブレットスタンド「and S」に付属のスマホリングをiPad mini6に取り付けて角度調整

続いて、iPad Pro11インチにMサイズのスタンドを取り付けます。
取り付け方は同様です。

取り付けも簡単で、スタンドの角度調節も自由自在、見た目もiPad本体と一体化していて美しいです。

タブレットスタンド「and S」のマウントをiPad Pro11インチに貼り付け
タブレットスタンド「and S」をiPad Pro11インチで使用
タブレットスタンド「and S」を付けたiPad Pro11インチにタッチペンを装着(表側)
タブレットスタンド「and S」を付けたiPad Pro11インチにタッチペンを装着(背面)
タブレットスタンド「and S」を付けたiPad Pro11インチにタッチペンを装着(側面)

次にスタンドとスマホリングの重量を計測します。

Sサイズのスタンドの重さは実測で160gです。

タブレットスタンド「and S」のSサイズの重量

Sサイズのスタンドとマウントを合わせた重さは実測で162gです。

タブレットスタンド「and S」のSサイズとマウントの重量

Mサイズのスタンドの重さは実測で279gです。

タブレットスタンド「and S」のMサイズの重量

Mサイズのスタンドとマウントを合わせた重さは実測で281gです。

タブレットスタンド「and S」のMサイズとマウントの重量

スマホリングの重さは実測で19gです。

タブレットスタンド「and S」に付属のスマホリングの重量

実際に「and S」を使用して良いと感じた点

実際に「and S」を使用して特に良いと感じた点を紹介します。

自由な角度調節が便利

他社製の多くのスタンドは角度調節が2段階や3段階といった感じで固定になっています。
一方「and S」は約19度から77度までの間で、好きな角度で固定できるのがとても便利です。

タブレットスタンド「and S」を装着したiPad mini6の中間角度
タブレットスタンド「and S」を装着したiPad mini6の浅い角度

使うシーンによって最適な角度は変わってきますので、自由に調節できるのは素晴らしいです。

作りがしっかりとしている

スタンドの作りはしっかりとしています。

程よい硬さがあり、ペンでの入力中にスタンドの角度が変わったりすることはありませんでした。

同じマウントを採用した他の製品も利用できる

実は付属のマウントを採用した他の製品が存在します。

「and W」というミニマムな財布があり、この財布を取り付けることも可能です。

「and W」は極小サイズながらも収納に優れた財布です。

サステナブル「and W」の表側

裏側にはマウントに取り付け可能なくぼみが備わっています。

サステナブル「and W」の裏側

この様な感じでマウントに取り付け可能です。

iPad mini6にサステナブル「and W」を装着

もちろんスマートホンに取り付けて最小限の持ち物で外出できるアイテムにもなります。

iPhoneにサステナブル「and W」を装着

「and W」は以下の公式サイトで購入可能です。

ミニ財布でもスマホ財布でも使える「and W」サステナブル 財布 ミニマム 三つ折り財布 キャッシュレス スマホ 簡単に取外し iPhone Android カード収納 小銭入れ 大容量 極薄 コンパクト GRS生地 リサイクル生地 リサイクルポリエステル andW コンパクト財布 ミニ財布 SANBASHI | 39 store thanks! powered by BASE
#スマホ #スマホ財布 #ミニ財布 #ミニマム財布 #コンパクト財布 #ショルダー財布 #カードケース #コインケース

「and W」については、以下の記事でも紹介していますので、あわせて参考にしてください。

様々な機器(端末)で使い回せる

マウントが3枚付属しているので、複数台の機器で使用できます。

iPad以外のタブレットはもちろん、ゲーム機やノートパソコンにも使用可能です。
(機器の重さや大きさ、形状によっては利用できない場合もあります)

スマートホンにマウントを貼り付けて、付属のスマホリングを使用することも可能です。

タブレットスタンド「and S」に付属のスマホリングをiPhoneに装着

ペンホルダーが便利

Apple Pencilなどのタッチペンを収納するホルダーが付いています。

タブレットスタンド「and S」を装着したiPad Pro11インチにタッチペンを収納

タッチペンを本体にマグネット吸着できる場合でも、持ち運びの際にタッチペンが外れて、カバンの中で行方不明になることがあります。

タッチペン収納ホルダーが備わっているので、持ち運び時やマグネット吸着に対応していないタブレットの場合に便利です。

市販のケースの上からスタンドを装着した場合、第2世代Apple Pencilをペンホルダーに収納したままでは、側面での充電はできません。充電の際はペンホルダーに入れずに充電する必要があります。

実際に「and S」を使用して気になった点

実際に「and S」を使用して気になった点を紹介します。

平置き時に画面操作でガタつくことがある

スタンドのヒンジ部分(スタンドが折れ曲がる部分)が少し出っ張っているので、タブレットを平な場所に置いて画面操作した時に、タブレット本体がガタつく時があります。

タブレットスタンド「and S」のヒンジ部分

またスタンドを取り外した場合でも、マウントはタブレットに張り付いた状態なので、同様にガタつく時があります。

タブレットスタンド「and S」に付属のマウントだけの状態

まとめ

本記事では、iPadなどのタブレットに取り付けて一体型で使用できるスタンド「and S」を紹介しました。

記事では見た目や使用感に加え、良い点や気になった点も紹介しました。

総合的な結論として「and S」はとても優れたタブレットスタンドだと感じました。
特に無段階で角度が調整できる点と、スタンドの作りがしっかりしている点は素晴らしいです。

スタンドだけでなくスマホリングも付いてくると考えるとお得感も高いです。
タブレット用のスタンドを探している方には是非候補にして頂きたいです。

iPad mini 6やiPad Pro 11inchに最適な「無段階」スタンド
iPad等のタブレット端末に「スタンド」は欠かせません。市販の商品で「視聴角度が今ひとつだな‥‥」と、常日頃感じているのであれば、この「and S」(アンドエス)がおすすめ。特殊なヒンジ機構で成せる無段階角度と、スタンドの取付・取外しが容易なマウント機構で、利用シーンに合わせた最適な使い方が可能に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました