【Keepa】Amazonの商品の価格推移(履歴)や過去のタイムセールの価格を確認する方法

Sponsored Links
お得/便利
【Keepa】Amazonの商品の価格推移(履歴)や過去のタイムセールの価格を確認する方法

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

  • Amazonの商品価格の推移が知りたい
  • 欲しい商品は過去にセールされていたのか知りたい(セールされていたなら今後もセール対象となる可能性があると判断できる)

Amazonで買い物する機会は多いと思います。
物にもよりますが、Amazonの商品って価格の変動が結構多いですよね。

正直このまま値段が下がっていくのか、それともずっとこのままなのか、その辺りを予測してお買い得なタイミングで商品を買いたいと思いませんか?

ですが、目的の商品の価格推移がわからないと予測も立てられません。
という事は、逆に商品の過去の価格推移が分かれば予測が立てられるという事ですよね。

その方法があります!
「Keepa」というプラグインをWebブラウザに導入すると可能です。
本記事では、「Keepaプラグイン」を使ってAmazonの商品価格の推移を見る方法について説明します。
画像付きで分かりやすく説明していますので、その通りにこの方法を実施して頂ければ、簡単に商品価格を確認できる様になります。

是非お試しください。

Sponsored Links

Amazonの価格履歴表示プラグイン「Keepa」を入れると何が出来る?

Keepaを入れると商品の価格推移が確認できるようになります。

WebブラウザでAmazonの商品ページを表示した時に、以下のグラフがあわせて表示されるようになります。

このグラフから、商品の過去の価格推移やタイムセールの有無やその時の価格など、様々な情報を表示できるようになります。

詳細は、本記事にて説明していきます。

Sponsored Links

【準備】「Keepa」をインストールする

Amazonの価格推移を知るためには、
お使いのWebブラウザに「Keepa」というプラグイン(拡張機能)を
導入する必要があります。

プラグインを導入することで
Amazonのサイトで価格推移が分かるようになります。

Keepaプラグインは以下のブラウザに対応しています。
(ブラウザの種類によってプラグイン導入方法は異なります。)
・Chrome系(Google Chrome、Opera)
・Firefox
・Microsoft Edge

早速プラグインを導入していきましょう。
※ご自身のブラウザに合わせて導入してください。

KeepaをChrome系(Google Chrome、Opera)ブラウザへインストール

ここでは、Google Chromeをお使いの方への導入方法を説明します。
※Operaについても同様にインストール可能です

詳細は以下の記事を参照して下さい。

KeepaアドオンをFirefoxブラウザへインストールする

ここでは、Firefoxをお使いの方への導入方法を説明します。

詳細は以下の記事を参照して下さい。

KeepaアドオンをMicrosoft Edgeブラウザへインストールする

ここでは、Microsoft Edgeをお使いの方への導入方法を説明します。

詳細は以下の記事を参照して下さい。

【実践】Keepaを使ってAmazonで過去の価格推移を確認しよう

「Keepa」プラグインの導入が完了しましたので、実際にAmazonの商品で価格の推移を確認してみましょう。

Amazonの商品(どれでもお好きなもの)を先ほどプラグインを導入したブラウザで表示してください。
商品画像の少し下辺りを表示すると、以下の様なグラフが表示されていると思います。

グラフの見方は右端の凡例の通りです。

この商品の例だと、新品価格が2000円〜2100円の間で推移していることが分かります。

また、7/10付近で赤丸のタイムセールが行われていて、その時の価格が1700円だった事も分かります。

他にも中古価格の値段が分かったり、表示対象の期間を変更(1ヶ月、3ヶ月、全期間など)する事も可能です。

この様に、過去の価格やタイムセール実施有無などを参考に現時点で購入するのがお得なのか、それとももう少し待った方が安くなる可能性があるのかを予測できる様になり、お得なタイミングで購入できる可能性が上がります。

まとめ

「Keepaプラグイン」を使ってAmazonの商品価格の推移を確認できる様になったと思います。
価格推移から今が買いなのか、それとも待つべきなのかを予測して、お買い得なタイミングで購入いただければと思います。

Amazonでもっとお得にお買い物をするための記事もありますので、下記の記事もあわせて参考にして頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました