高コスパ!サードパーティ製(Chihope)のApple Watch用 充電器をレビュー

Sponsored Links
ガジェット
高コスパ!サードパーティ製(Chihope)のApple Watch用 充電器をレビュー

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

純正のApple Watchの充電器は高価なので、安価な充電器を探している。
ChihopeのApple Watch用充電器がどのような製品か知りたい。

Apple Watchの充電器は通常の充電器とは違い特殊です。
また、Apple純正以外の充電器は選択肢が少ない状況です。

Apple Watchを自宅以外の場所(例えば会社)でも充電したい場合や、使っていた充電器が故障した場合など、もう一つApple Watchの充電器が必要となる場面があります。

しかし、Apple純正の充電器はかなり高額なので、できればコストを抑えたいところです。

そこで本記事では、純正ではないサードパーティ製(Chihope製)のApple Watch用充電器を紹介します。

ChihopeのApple Watch用充電器は安価でありながら、Apple Watchをしっかりと充電してくれます。使い勝手としてもApple純正の充電器と遜色はありません。

Sponsored Links

ChihopeのApple Watch用充電器の製品概要

ChihopeのApple Watch用充電器は、その名の通りApple Watchの充電器です。

初代Apple Watchから7世代のApple Watchまで幅広く対応しています。

ケーブル長は約1mで、色はホワイトです。

大きさや見た目はApple純正の充電器とほとんど変わりません。

詳細は、以下のAmazonのサイトでも確認できます。

Sponsored Links

ChihopeのApple Watch用充電器のパッケージ

ChihopeのApple Watch用充電器のパッケージを紹介します。

パッケージは紙製の箱です。

パッケージの表側です。
充電器のイラストがモノクロで描かれています。

ChihopeのApple Watch用充電器のパッケージ表側

パッケージの裏側です。

ChihopeのApple Watch用充電器のパッケージ裏側

ChihopeのApple Watch用充電器の開封と外観

ChihopeのApple Watch用充電器のパッケージを開封していきます。

パッケージの中にはApple Watch用充電器のみが入っています。
説明書などは一切入っていませんが、使用方法は明確なので特に問題はありません。

ChihopeのApple Watch用充電器を開封

充電部(Apple Watchを置く部分)は、透明のフィルムで表側と裏側の両方が保護されています。

ChihopeのApple Watch用充電器全体

ケーブルの端子はUSB Type-Aです。
「Chihope」のロゴがプリントされています。

ChihopeのApple Watch用充電器のUSB端子

充電部の表側です。
見た目はほぼ純正と同じです。

ChihopeのApple Watch用充電器の充電部表側

充電部の裏側です。
こちらも純正とほぼ同じです。

ChihopeのApple Watch用充電器の充電部裏側

見た目(色や大きさ、形状)は純正と区別がつかないぐらい似ています。
USB端子にロゴがあるので、そこで分かる感じです。

ChihopeのApple Watch用充電器の使用感

ChihopeのApple Watch用充電器の使用感を紹介します。

基本的にApple純正の充電器と同じなので、使用感としてはとても満足です。

サードパーティ製なので、充電がちゃんとできるか不安でしたが、問題なくしっかりと充電できます。

ChihopeのApple Watch用充電器でApple Watchを充電

充電時間は、Apple Watchのバッテリー残量がゼロの状態からフル充電まで3時間弱でした。
純正と比べても遜色ないレベルです。

Apple純正の充電器と比べると価格がかなり安いところも嬉しいです。

まとめ

本記事では、純正ではないサードパーティ製(Chihope製)のApple Watch用充電器を紹介しました。

ChihopeのApple Watch用充電器は安価でありながら、Apple Watchをしっかりと充電してくれます。使い勝手としてもApple純正の充電器と遜色はありません。

Apple Watchの充電器が必要な方におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました