富士通のタッチパッド付きワイヤレスキーボード「LIFEBOOK UH Keyboard」をレビュー

Sponsored Links
ガジェット
富士通のタッチパッド付きワイヤレスキーボード「LIFEBOOK UH Keyboard」をレビュー

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

富士通のタッチパッド付きワイヤレスキーボード「LIFEBOOK UH Keyboard」がどのような製品か知りたい。

富士通パソコンは1981年の富士通初のPC 「FM-8」を発売開始して40周年を迎え、「FUJITSU PC 40th Anniversary」を企画しました。

その第1弾としてクラウドファンディングで展開されたのが、「LIFEBOOK UH Keyboard」です。

本記事では、富士通のタッチパッド付きワイヤレスキーボード「LIFEBOOK UH Keyboard」を紹介します。

「LIFEBOOK UH Keyboard」は、キーの打ちやすさに定評のある富士通パソコンFMV「LIFEBOOK UH-X」をベースとしたモバイルキーボードです。

Windows以外のOS(MacOSやiPadOS)にも対応していて、様々なデバイスで利用可能です。

Sponsored Links

「LIFEBOOK UH Keyboard」の製品概要

「LIFEBOOK UH Keyboard」の全体

「LIFEBOOK UH Keyboard」は、タッチパッドが付いたワイヤレス(Bluetooth)接続も有線接続も両方可能なモバイルキーボードです。

富士通初のPC 「FM-8」を発売開始して40周年を迎えたことを記念してクラウドファンディングにて販売されました。

マルチペアリングにも対応していて、ワイヤレスで3台の機器に接続可能です。
さらに有線でもう1台の機器にも接続可能です。

バックライトも搭載され、暗い場所での作業でも安心して使えます。

キー操作などの詳細は、公式サイトの「補足情報」(PDFファイル)で確認できます。

主な仕様は以下の通りです。

カラーバリエーション ダークシルバー、ガーネットレッド、ライトシルバー
キー配列 JIS規格適合 86キー
キーピッチ 約19mm
キーストローク 約1.5mm
Bluetooth 5.0 (Bluetooth Low Energy)
充電コネクタ USB Type-C
(機器と有線接続することでUSBキーボードとしても動作)
充電池持続期間 約1ヶ月(バックライトオフ時)
バックライト点灯時の持続時間:調光1段階時 約6時間、2段階・3段階時 1時間未満
対応OS Windows (10、11)、macOS (Big Sur 11, Monterey 12)、iPadOS 15
サイズ (幅 x 高さ x 奥行) 302.6mm × 161.8mm × 10.9mm
重量 約350g

詳細は、以下のクラウドファンディングのページでも確認できます。

富士通ノートPCの技術から生まれた「最高のモバイルキーボード」 『LIFEBOOK UH Keyboard』 Windows10対応/macOS・iPadOSに対応予定
UHKBにはノートPCとして世界最軽量を更新し続ける富士通ノートPC FMV「LIFEBOOK UHシリーズ」のさまざまな技術が注ぎ込まれています。「UHシリーズ」と同じ極上の使い心地を実現するコンパクトなモバイルキーボードです。

Sponsored Links

「LIFEBOOK UH Keyboard」のパッケージと開封

「LIFEBOOK UH Keyboard」のパッケージを紹介します。

段ボールの箱に梱包されて郵送されます。

「LIFEBOOK UH Keyboard」のパッケージを梱包する段ボール箱

段ボール箱を開けると、梱包材に保護されたパッケージが入っています。

「LIFEBOOK UH Keyboard」のパッケージを梱包する段ボール箱を開封

パッケージは紙製の箱で、黒を基調に製品が大きくプリントされたデザインになっています。

「LIFEBOOK UH Keyboard」のパッケージ全体

パッケージは二重構造になっていて、スライドすると中からもう一つの箱が出てきます。

「LIFEBOOK UH Keyboard」のパッケージは二重構造

さらに中の箱を開けると、製品が現れます。

「LIFEBOOK UH Keyboard」のパッケージを開封

40周年記念製品ということもあり、パッケージはかなり凝っていてデザイン性が高いです。
開封時のワクワク感を楽しめます。

「LIFEBOOK UH Keyboard」の内容物

「LIFEBOOK UH Keyboard」のパッケージの中には、以下の3点が入っています。

<内容物>
「LIFEBOOK UH Keyboard」本体
・充電ケーブル(USB Type-A to Type-C)
・書類一式

「LIFEBOOK UH Keyboard」の内容物(付属品)

書類一式は、「消毒時の注意書き」と「取扱説明書」が入っています。

「LIFEBOOK UH Keyboard」に付属の書類一式

充電ケーブルは、USB Type-A to Type-Cケーブルです。
Type-C側のコネクタ形状はL字になっています。

「LIFEBOOK UH Keyboard」に付属の充電ケーブル(USBケーブル)

「LIFEBOOK UH Keyboard」の外観

「LIFEBOOK UH Keyboard」の外観を紹介します。

今回購入したカラーは「ダークシルバー」です。

日本語配列ですが、あえて仮名印字を省くことでスッキリとして、カッコ良くなっています。(仮名印字が嫌でUS配列のキーボードを選択する人もいますので、そのような方にも魅力的です。)

ファンクションキーやカーソルキーが独立して存在するので使いやすいレイアウトです。

「LIFEBOOK UH Keyboard」本体の上面全体

タッチパッドは独立したクリックボタンを2つ備えています。
特徴的なのは、スペースキーが短めで、仮名変換キーがスペースキーの二つ右に配置されています。

「LIFEBOOK UH Keyboard」本体のタッチパッド

側面手前の高さは7mm程度と低いので、別途パームレストを用意する必要がありません。
手前側の側面には端子類はありません。

「LIFEBOOK UH Keyboard」本体の側面手前

横から見てもらうと分かりますが、緩やかな傾斜がついています。
左右両方の側面ともに端子類はありません。

「LIFEBOOK UH Keyboard」本体の左右側面

側面上側の中央には電源スイッチと充電端子(USB Type-C)、残量ランプが備わっています。
電源スイッチがONの時にはBluetooth接続によるキー入力が可能で、OFFの時はUSB接続によるキー入力が可能です。

「LIFEBOOK UH Keyboard」本体の側面上側の端子類

側面上側の右端にはBluetoothの切り替えとペアリングが可能なボタンが配置されています。

「LIFEBOOK UH Keyboard」本体の側面上側のペアリングボタン

底面は完全にフラットです。
技適マークがプリントされています。国内でのワイヤレス接続も問題ありません。

「LIFEBOOK UH Keyboard」本体の底面

バックライトも搭載していて、暗い場所でもしっかりとキーを確認できます。

「LIFEBOOK UH Keyboard」本体のバックライト

「LIFEBOOK UH Keyboard」の使用感を紹介

「LIFEBOOK UH Keyboard」を実際に使用した感想を紹介します。

デザインが良すぎる

まず最初に見た時に感じたのが、デザイン性の高さです。

本製品は富士通のノートパソコンLIFEBOOKのキーボードをベースに開発されているのですが、その完成度が高く、所有欲も満たされます。

カラーリングも3色あり、どれも素敵な色です。(他のカラーも欲しくなるぐらいです)

キーの打ち心地が良い(打鍵感が良い)

薄型のキーボードはどうしても打鍵感が落ちてしまう傾向にありますが、本製品は適度な押し込みの反発があり、打ち心地が良いです。

ストロークも浅すぎることはなく、指に吸い付くような感じで打ち込めます。

キーピッチも約19mmあるので、タイピングがしやすいです。

文字入力を頻繁に行う方でも満足度の高い打鍵感を得られます。

Windowsだけでなく、MacやiPadでも使える

キーボード1台で、WindowsやMac、iPadで使えるというところが便利です。
Bluetooth接続で3台、USB接続で1台の機器と接続可能です。

「LIFEBOOK UH Keyboard」はiPadでも利用可能

最近ではパソコンを複数台所有したり、iPadなどのタブレット端末を併用する方も多いので、そのような場合に重宝します。

有線接続対応が助かる

USBケーブルによる有線接続も可能です。

Bluetoothで接続してしまえば有線を使う事は少ないのですが、新しくパソコンを購入した場合はBluetoothで接続するまでは有線接続できるキーボードが必要になるので、そのような場合にも困ることはありません。

重量が軽く持ち運びたくなる

本体重量を実測したところ、重さは326.6gでした。

「LIFEBOOK UH Keyboard」本体の重量を計測

キーボードとマウスを合わせてこの重さと考えるとかなり軽いと思います。
本製品があればマウスを用意する必要がないのはありがたいです。

タッチパッドが少し狭い

タッチパッドの面積が小さめということもあり、少し狭く感じる時があります。

本体サイズをコンパクトにするためには仕方がないとは思いますが、もう少し広ければもっと使いやすいと感じました。

クリックボタンは押し心地もよく、快適です。

まとめ

本記事では、富士通のタッチパッド付きワイヤレスキーボード「LIFEBOOK UH Keyboard」を紹介しました。

デザイン性も機能性も良く、かなり満足度の高いキーボードです。

本記事の内容を参考にしていただければと思います。

富士通ノートPCの技術から生まれた「最高のモバイルキーボード」 『LIFEBOOK UH Keyboard』 Windows10対応/macOS・iPadOSに対応予定
UHKBにはノートPCとして世界最軽量を更新し続ける富士通ノートPC FMV「LIFEBOOK UHシリーズ」のさまざまな技術が注ぎ込まれています。「UHシリーズ」と同じ極上の使い心地を実現するコンパクトなモバイルキーボードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました