【iOS 16 不具合解消】iPhoneがアップデートできない原因と対処法-Tenorshare ReiBootのレビュー

Sponsored Links
IT全般
【iOS 16 不具合解消】iPhoneがアップデートできない原因と対処法-Tenorshare ReiBootのレビュー

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

iOS16へのアップデートのやり方と、アップデートでエラーが発生した場合の解決方法が知りたい。

2022年9月にiOS16がリリースされました。
早速 iOS16へのアップデートを実施するという方が多いのではないでしょうか。

iOSの新しいバージョンへのアップデートは基本的には問題なく完了することが大半ですが、まれにエラーが発生してアップデートできない場合があります。

そこで本記事では、iOS16へのアップデートのやり方とアップデートでエラーが発生した場合の解決方法を紹介します。

アップデートでエラーが発生した場合の解決方法としては、Tenorshareのアプリ「ReiBoot」を使って対応する方法を紹介します。

「ReiBoot」は、iPhoneが正常に機能しなくなった場合などにも役立つツールで、簡単な操作で利用できます。

Sponsored Links

iOS16について(新機能、対応機種)

iOS16の新機能

iOS16には新機能の追加や機能の改善など、数多くの進化があります。

ロック画面のカスタマイズが可能
いくつかのロック画面を作ったり、ウィジェットの追加やフォントの変更などが可能になります。

集中モード
集中モードの設定の簡単化に加え、集中モードフィルタの導入により、アプリを使用する際に、適用している集中モードに関連する情報に絞り込んで表示されます。

ビデオでテキスト認識表示
テキストが表示されるフレームでビデオを一時停止して、コピー、翻訳、調べる、共有など、おなじみの操作ができます。

交通系ICカードと運賃管理がマップで完結
新しいSuicaやPASMOをウォレットアプリに追加する。少なくなった残高をチェックする。チャージする。交通費の総額を確認する。といった操作をマップから離れずに行えます。

ここでは全てを紹介しきれませんが、他にも数多くの機能追加、改善が行われています。

iOS16の対応機種(対象iPhone)

iOS16の対応機種は以下の通りです。
※2022年9月時点

<iOS16の対応機種>

  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone XR、XS、XS Max
  • iPhone X
  • iPhone SE 第2世代、第3世代
  • iPhone 8/8 Plus

Sponsored Links

iOS16へのアップデート方法とエラー発生時の対応

iOS16へのアップデートは以降で紹介する「方法1:手動でiPhoneをiOS16 にアップデートする方法」で実施します。

この「方法1」で問題なく完了した場合は良いのですが、まれにエラーが発生してiOS16へアップデートできない場合があります。

そのような場合は、以降で紹介する「方法2:Tenorshareの「ReiBoot」を使ってiOS16 にアップデート(iOS 16不具合を修復)する方法」がおすすめです。

方法1:手動でiPhoneをiOS16 にアップデートする方法

まずは一般的なiOS16へのアップデート方法を紹介します。

iPhoneの「設定」アプリを起動します。

iOS16へアップデートのために設定アプリを起動

設定画面が表示されます。
「一般」を選択します。

iOS16へアップデートのために設定アプリで一般を選択

「ソフトウェア・アップデート」を選択します。

iOS16へアップデートのために設定アプリでソフトウェア・アップデートを選択

ソフトウェア・アップデートの画面が表示されます。
アップデート対象が「iOS16.0」であることを確認し、「ダウンロードしてインストール」を選択します。

iOS16へアップデートのために設定アプリでダウンロードしてインストールを選択

あとは表示に従って進めていくと、再起動の後にアップデートは完了します。

このように通常はiOS16へのアップデートは簡単に完了しますが、まれに「アップデートを検証中」や「残り時間を計測中」となったまま進まなかったり、他にエラーが発生してアップデートに失敗する場合があります。

その時は、次に紹介する「方法2:Tenorshareの「ReiBoot」を使ってiOS16 にアップデート(iOS 16不具合を修復)する方法」がおすすめです。

方法2:Tenorshareのアプリ「ReiBoot」を使ってiOS16 にアップデート(iOS 16不具合を修復)する方法

Tenorshareのアプリ「ReiBoot」とは

Tenorshareのアプリ「ReiBoot」は、iPhoneをあらゆるiOS不具合から簡単に復元できるアプリです。

iOS/iPadOSのアップデートだけでなく、リンゴループ、リカバリモードやブラックアウトなど150以上のiOS/iPadOS/tvOSのシステム故障を修復可能で、iOS/iPadOSのダウングレードなどにも対応しています。

「ReiBoot」の詳細は、以下の公式サイトでも確認できます。

ReiBoot - あらゆるiOS不具合を解消 | Tenorshare 公式サイト
Tenorshare ReiBootはiOS不具合修復ツールとして、リンゴループ、ブラックアウト、画面フリーズ、起動障害からiPhone・iPad・iPod Touchを復元することができます。本ソフトウェアは、Mac・Windows両方で使用可能です。

「ReiBoot」を使ってiOS16 にアップデートする方法

「ReiBoot」を使ってiOS16 にアップデートする方法を紹介します。
※本手順の実施には有償のライセンスが必要です

以下の公式サイトにアクセスし、「ReiBoot」をインストールします。

ReiBoot - あらゆるiOS不具合を解消 | Tenorshare 公式サイト
Tenorshare ReiBootはiOS不具合修復ツールとして、リンゴループ、ブラックアウト、画面フリーズ、起動障害からiPhone・iPad・iPod Touchを復元することができます。本ソフトウェアは、Mac・Windows両方で使用可能です。

インストールが完了したら、「ReiBoot」を起動します。

Tenorshare ReiBootアプリを起動

「ReiBoot」が起動すると、トップ画面に「iOSデバイスをUSBケーブルで接続し、ロックを解除してください。」と表示されます。

Tenorshare ReiBootアプリのトップ画面(iPhone未接続)

パソコンにiPhoneを接続します。

Tenorshare ReiBootアプリのメッセージに従いiPhoneを接続

iPhoneの画面に「このコンピュータを信頼しますか?」と表示されるので、「信頼」を選択します。

iPhoneで信頼を選択

パスコードの入力を求められるので、パスコードを入力します。

iPhoneでパスコードを入力

「ReiBoot」のトップ画面の表示が「すでに接続されています!」に変わります。
「開始」をクリックします。

Tenorshare ReiBootアプリのトップ画面(iPhone接続済み)

「デバイスを修復する方法を選択してください」と表示されるので、「普通モード」が選択された状態で「普通モード」をクリックします。

Tenorshare ReiBootアプリで普通モードを選択

「iOS 16.0のファームウェアはダウンロードの準備ができています」と表示されます。
「ダウンロード」をクリックします。
※「ダウンロード」クリック時にポップアップ画面が表示された場合は、画面に従い「インストール」をクリックし、インストール後にアプリを再起動します

Tenorshare ReiBootアプリでダウンロードをクリック

iOS16のファームウェアのダウンロードが始まります。
100%になるまでしばらく待ちます。

Tenorshare ReiBootアプリでファームウェアのダウンロード中

ダウンロードが完了すると、「ファームウェアパッケージ 16.0の準備ができました」と表示されます。
「普通モードを開始」をクリックします。

Tenorshare ReiBootアプリで普通モードで開始をクリック

アップデートが開始されます。
100%になるまでしばらく待ちます。

Tenorshare ReiBootアプリでiOS16へのアップデートを実施

アップデートが完了すると、以下の画面が表示されます。
アプリの操作はこれで完了なので、アプリを終了します。

Tenorshare ReiBootアプリでiOS16へのアップデートが完了

iPhoneの画面が以下のように表示されますので、完了まで待ちます。

Tenorshare ReiBootアプリでiOS16へのアップデート実施後にiPhoneでアップデートを実施中

iPhoneでの処理が完了すると、ログインできるようになります。
iOSのバージョンを確認すると、ちゃんと「16.0」にアップデートされています。

Tenorshare ReiBootアプリでiOS16へのアップデートが完了

これでiOS16へのバージョンアップは完了です。

通常のアップデート方法(手動でのアップデート)でエラーが発生したり、うまくいかない場合は「ReiBoot」でのアップデートを是非試してください。

また、iOS16にアップデート後に古いOSバージョンにダウングレードしたくなった場合でも、「ReiBoot」を使うと、簡単にダウングレード可能です。

まとめ

本記事では、iOS16へのアップデートのやり方とアップデートでエラーが発生した場合の解決方法を紹介しました。

通常のアップデート方法(手動でのアップデート)でエラーが発生したり、うまくいかない場合は、紹介した手順で「ReiBoot」でのアップデートを試してください。

「ReiBoot」はiOS/iPadOSのアップデートだけでなく、リンゴループ、リカバリモードやブラックアウトなど150以上のiOS/iPadOS/tvOSのシステム故障を修復可能で、iOS/iPadOSのダウングレードなどにも対応していますので、他の場面で困った時にも役立ちます。

ReiBoot - あらゆるiOS不具合を解消 | Tenorshare 公式サイト
Tenorshare ReiBootはiOS不具合修復ツールとして、リンゴループ、ブラックアウト、画面フリーズ、起動障害からiPhone・iPad・iPod Touchを復元することができます。本ソフトウェアは、Mac・Windows両方で使用可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました