Logicool MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続する方法

Sponsored Links
ガジェット
Logicool MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続する方法

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

「MX ANYWHERE3」をUnifyingレシーバーを使って接続したい。
「MX ANYWHERE3」がUnifyingレシーバーで接続できなくなってしまった。

Logicoolのワイヤレスマウス「MX ANYWHERE3」は、Bluetoothでのワイヤレス接続と、付属のUnifyingレシーバー(USBデバイス)でのワイヤレス接続の2通りの接続が可能です。

Bluetoothで接続する場合のやり方は下記の記事で紹介しています。

本記事では、付属のUnifyingレシーバーを使って「MX ANYWHERE3」をワイヤレスで接続する方法を紹介します。

また、「MX ANYWHERE3」がUnifyingレシーバー経由で接続できなくなった場合の対処方法も紹介します。

Bluetoothで接続するよりもUnifyingレシーバーで接続した方が遅延が少なく、動作も安定しますので、Unifyingレシーバーでの接続も活用してみてください。

Sponsored Links

Unifyingレシーバーを使って「MX ANYWHERE3」を接続する方法

付属のUnifyingレシーバーを使って「MX ANYWHERE3」を接続する方法を紹介します。

「MX ANYWHERE3」の購入時点で、すでにチャンネル1がUnifyingレシーバーとペアリングされた状態になっています。

まずは、「MX ANYWHERE3」を利用したいパソコンなどの端末のUSBポートに、Unifyingレシーバーを挿します。

MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続(UnifyingレシーバーをUSBポートに挿入)

次に、「MX ANYWHERE3」の底面にある「ペアリングボタン」を押して、チャンネルを1に設定します。(「ペアリングボタン」を押すたびにチャンネルが切り替わります)

MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続(チャンネル1に設定)

以上で、Unifyingレシーバーを挿した端末で「MX ANYWHERE3」を使用できるようになります。

この方法でうまくいかない場合(例えば、チャンネル1をBluetoothでペアリングしてしまい、Unifyingレシーバーで接続できなくなった場合)は、次で紹介する対処方法を試してもらうと、接続できるようになる可能性があります。

Sponsored Links

「MX ANYWHERE3」がUnifyingレシーバー経由で接続できなくなった場合の対処方法

「MX ANYWHERE3」がUnifyingレシーバー経由で接続できなくなった場合の対処方法を紹介します。

「MX ANYWHERE3」がUnifyingレシーバー経由で接続できない原因として多いのは、「MX ANYWHERE3」のチャンネル1でBluetoothでのペアリングをしてしまったというケースです。

付属のUnifyingレシーバーは予めチャンネル1で接続できるように設定されているので、Bluetoothでのペアリングにチャンネル1を使用してしまうと、Unifyingレシーバーとの設定が消えてしまい、接続できなくなります。

その場合の対処方法としては、Logicoolが提供している「Unifying Software」を使用して、Unifyingレシーバーと「MX ANYWHERE3」のチャンネル1の接続設定をやり直す必要があります。

その手順を順番に説明します。

1)パソコンから以下のLogicoolの「Unifying Software」のページにアクセスします。

Unifying Software
Unifying Software More

2)アクセスしたサイトで、「Download Now」をクリックし、
  インストールファイルをダウンロードします。
 (今回はWindowsパソコンで実施しますが、MacOSやChromeOSでも可能です)

MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続(LogicoolのUnifying Softwareページにアクセス)

3)ダウンロードしたインストールファイルをダブルクリックで実行します。

MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続(インストールファイルを実行)

4)Unifying Softwareのインストーラーが起動します。
  ライセンス契約書(ソフトウェア使用許諾契約書)の内容を確認した上で、
  「このライセンス契約書に同意します」を選択し、
  「インストール」をクリックします。

MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続(インストーラーのソフトウェア使用許諾契約書画面)

5)インストールが完了し、完了画面が表示されます。
  「完了」をクリックします。
  ※一部文字が化けていますが、問題はありませんでした

MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続(インストール完了)

6)少しするとUnifying Softwareが起動します。
  「次へ」をクリックします。

MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続(Unifying Softwareが起動)

7)Unifyingレシーバーを接続してくださいと表示されます。
  パソコンのUSBポートにUnifyingレシーバーを挿します。

MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続(UnifyingレシーバーをUSBポートに挿入前)

8)Unifyingレシーバーを挿すと、「次へ」が押せるようになるので、
  「次へ」をクリックします。

MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続(UnifyingレシーバーをUSBポートに挿入後)

9)接続するデバイスの電源をONにしてくださいと表示されます。
  「MX ANYWHERE3」の電源をONにします。

MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続(MX ANYWHEREの電源をON)

10)「MX ANYWHERE3」の電源をONにすると検出されます。
   これで「MX ANYWHERE3」で操作が可能になっていますので、
   「はい」を選択し、「次へ」をクリックします。

MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続(MX ANYWHEREを検出)

11)「完了」をクリックします。

MX ANYWHERE3 をUnifyingレシーバーで接続(Unifyingレシーバーに接続完了)

これで、Unifyingレシーバーを使って「MX ANYWHERE3」が接続できるようになりました。

まとめ

本記事では、付属のUnifyingレシーバーを使って「MX ANYWHERE3」をワイヤレスで接続する方法を紹介しました。

また、「MX ANYWHERE3」をUnifyingレシーバー経由で接続できなくなった場合の対処方法も紹介しました。Unifyingレシーバーで接続できなくなった方はぜひ試してください。

Bluetoothで接続するよりもUnifyingレシーバーで接続した方が遅延が少なく、動作も安定しますので、Unifyingレシーバーでの接続も活用してください。

Logicool「MX ANYWHERE3」の関連記事もあわせて参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました