Logicool「MX ANYWHERE3」のペアリング/接続切替方法を紹介

Sponsored Links
ガジェット
Logicool「MX ANYWHERE3」のペアリング/接続切替方法を紹介

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

Logicool「MX ANYWHERE3」のペアリング方法や、ペアリングした機器を切り替える方法が知りたい。

Logicool「MX ANYWHERE3」は、Bluetoothで3台までの機器との接続に対応しています。

Bluetoothで接続するためには、「MX ANYWHERE3」と機器をペアリングする必要があります。また、複数台ペアリングした場合、ボタン操作のみで別の機器に接続を切り替えることが可能です。

本記事では、「MX ANYWHERE3」でペアリングする方法とペアリングした機器を切り替える方法について紹介します。

Sponsored Links

「MX ANYWHERE3」のペアリング方法

「MX ANYWHERE3」のペアリング方法を紹介します。

「MX ANYWHERE3」は最大3台の機器とBluetoothで接続可能になっていますので、接続用の3つのチャンネル(チャンネル1〜3)が用意されています。

Bluetoothで最大3台の機器と接続可能ですが、チャンネル1は付属のUSBレシーバー(Unifyingレシーバー)との接続に使用するチャンネルになっています。チャンネル1でBluetooth接続を行うと、「Unifyingレシーバー」とは接続できなくなります。(再設定すると、また「Unifyingレシーバー」で接続できるようになります)

再設定の方法は、下記の記事で紹介しています。

ここではチャンネル3に登録する場合の方法を説明します。
(チャンネル1または2に登録する場合もチャンネルを変えるだけで同様に登録できます。)

1)「MX ANYWHERE3」本体の電源をONにします。

Logicool「MX ANYWHERE3」のペアリング(本体の電源をON)

2)接続したい機器(例えばパソコン)側でBluetooth機器を検出する状態にします。

3)「MX ANYWHERE3」本体の「ペアリングボタン」を押して、チャンネルを選択します。

Logicool「MX ANYWHERE3」のペアリング(ペアリングボタンでチャンネルを切り替え)

 ※「ペアリングボタン」を押すたびにチャンネルが切り替わります。
  接続したいチャンネル(今回はチャンネル3)に合わせます。

Logicool「MX ANYWHERE3」のペアリング(接続したいチャンネルのLEDが点灯)

4)登録したいチャンネルのLEDが点灯(あるいは点滅)している状態で
  「ペアリングボタン」を長押しします。
  LEDが早い点滅になり、ペアリング状態になります。

一度もペアリングしていないチャンネルの場合、「ペアリングボタン」を押してチャンネルを切り替えた際にLEDが早い点滅になります。その場合はすでにペアリング状態になっています。

Logicool「MX ANYWHERE3」のペアリング(ペアリング状態にする)

5)接続したい機器(例えばパソコン)側に「MX ANYWHERE3」が検出されるので、選択します。

これでペアリングは完了です。

Sponsored Links

「MX ANYWHERE3」の接続機器の切り替え方法

「MX ANYWHERE3」の接続機器の切り替え方法を紹介します。

一度ペアリングした機器は、「ペアリングボタン」を押すだけで切り替えが可能です。

「ペアリングボタン」を押すと、現在のチャンネルのLEDが点灯(あるいは点滅)するので、「ペアリングボタン」を押してチャンネルを切り替えて、目的のチャンネルに設定します。

Logicool「MX ANYWHERE3」の接続機器の切り替え(ペアリングボタンで接続先を切り替える)

同時に接続できるのは、1つのチャンネルのみです。
例えば、チャンネル1で接続している状態で、チャンネル3に切り替えた場合は、チャンネル1で接続していた機器とは切断され、新たにチャンネル3の機器に接続が切り替わります。

チャンネルを切り替えるためには、事前に切り替え先のチャンネルで機器とのペアリングが完了している必要があります。

まとめ

本記事では、Logicool「MX ANYWHERE3」でペアリングする方法とペアリングした機器を切り替える方法について紹介しました。

Logicool「MX ANYWHERE3」の関連記事もあわせて参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました