【レビュー、性能計測】ASUSのRadeon RX 6600 搭載グラフィックカード(DUAL-RX6600-8G)

Sponsored Links
ガジェット
【レビュー、性能計測】ASUSのRadeon RX 6600 搭載グラフィックカード(DUAL-RX6600-8G)

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

ASUSのRadeon RX 6600 搭載グラフィックカード「DUAL-RX6600-8G」がどのような製品か知りたい。
Core i5 12400とRadeon RX 6600の組み合わせで、どれぐらい性能が出るのか知りたい。

本記事執筆時点(2022年5月)では、高止まりしていたグラフィックカードの値段が徐々に落ち着いてきました。

これまではハイエンドのグライックカードが値下がりを見せていましたが、ここに来てエントリーからミドルレンジのグラフィックカードも値下がり傾向にあります。

自作ゲーミングPCを組みたいという方には買い時になってきたと言えます。

そこで本記事では、ASUSのRadeon RX 6600 搭載グラフィックカード(DUAL-RX6600-8G)を紹介します。

ASUSのRadeon RX 6600は、エントリー寄りのミドルレンジのグラフィックカードで、フルHDで快適にゲームができることをターゲットを置いています。

グラフィックカードの中では価格も手が出しやすく、それでいてフルHDのゲームであれば最新のゲームでもそれなりに快適に遊べます。

記事内でゲーム性能も紹介していますので、参考にしてください。

Sponsored Links

ASUSのRadeon RX 6600 搭載グラフィックカード(DUAL-RX6600-8G)の製品概要

DUAL-RX6600-8Gは、ASUS製のRadeon RX 6600 搭載グラフィックカードです。

デュアルファンを備え冷却性能が高く、GPUコアの温度が52℃を下回ったときにファンの回転を止めることができます。

ASUS GPU Tweak IIユーティリティに対応していて、GPUコアクロック、メモリ周波数、電圧設定などを含む重要なパラメータの調整が可能です。

主な仕様は以下の通りです。

グラフィックスエンジン Radeon RX 6600
バスインタフェース PCI Express 4.0
ビデオメモリ 8GB GDDR6
コアクロック OC mode : up to 2491 MHz (Boost Clock)/up to 2064 MHz (Game Clock)
Gaming mode : up to 2491 MHz (Boost Clock)/up to 2044 MHz (Game Clock)
Stream Processors 1792
メモリスピード 14Gbps
メモリインタフェース 128ビット
インタフェース HDMI 2.1 × 1
DisplayPort 1.4a × 3
※HDCP 2.3 サポート
最大画面出力数 4
電源コネクタ 8-pin × 1
スロット 2.5 スロット
サイズ 243 x 134 x 49 mm

詳細は、以下のAmazonのサイトでも確認できます。

Sponsored Links

ASUS DUAL-RX6600-8Gのパッケージ

ASUS DUAL-RX6600-8Gのパッケージを紹介します。

パッケージの表側です。
製品の写真がプリントされています。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)のパッケージ表側

パッケージの裏側です。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)のパッケージ裏側

裏側の上部に貼ってあるシールを剥がして開封します。
しっかりと梱包されています。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)のパッケージを開封

DUAL-RX6600-8Gの内容物

DUAL-RX6600-8Gの内容物を紹介します。

パッケージを開封すると中には以下の2点が入っています。

<内容物>
・Radeon RX 6600 搭載グラフィックカード
・書類等一式

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)の内容物

グラフィックカードは表側と裏側、側面(端子側)に透明の保護フィルムが貼られています。使用前に剥がす必要があります。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)グラフィックカード本体(保護フィルム)

書類等一式は、SpeedSetupマニュアル、THANK YOU カード、WarrantyCard、トレーディングカードの4点です。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)の書類等一式

DUAL-RX6600-8Gの外観

DUAL-RX6600-8Gの外観を紹介します。

グラフィックカードの表側です。
ファンが2つ備わっていて、ファンの中央にはASUSのロゴがプリントされています。
なかなかカッコいいデザインです。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)のグラフィックカード本体表側

スロットにはカバーがついていますので、使用前に取り外します。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)のグラフィックカード本体スロット部

背面は基盤剥き出しではなく、バックパネルが付いています。
この辺りも高級感に違いが出るポイントです。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)のグラフィックカード本体バックパネル

端子は、HDMIが1つ、DisplayPortが3つ備わっています。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)のグラフィックカード本体端子

幅は2.5スロット分あるので、ケースに収まるかを事前に確認しておいた方が良いです。
補助電源は8ピンです。

また、側面はケースに入れた際に見える部分になり、ASUSとRADEONのロゴがプリントされています。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)のグラフィックカード側面(8ピン補助電源)

PCにDUAL-RX6600-8Gを組み込み

DUAL-RX6600-8GをPCに組み込んでいきます。

PCI-Express 16Xのスロットに取り付けます。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をマザーボードに取り付け前

取り付けた状態はこのような感じです。
グラフィックカードの存在感がかなりあります。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をマザーボードに取り付け

8ピンの補助電源を接続して完了です。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)に補助電源を接続

端子は結構ギリギリの場所になっていますが、全て干渉せずにケーブルを接続可能です。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)の端子類

DUAL-RX6600-8Gの性能計測

DUAL-RX6600-8Gの性能をベンチマークアプリを使用して計測していきます。

今回計測するPCのパーツ構成は以下になります。

CPU Core i5 12400 BOX
CPUクーラー 別途購入はなし(リテールクーラー使用)
メモリ crucial Ballistix BL2K16G32C16U4B [DDR4 PC4-25600 16GB 2枚組]
マザーボード GIGABYTE B660M DS3H AX DDR4 [Rev.1.x]
ストレージ WESTERN DIGITAL WD Green SN350 NVMe WDS960G2G0C
グラフィックカード ASUS DUAL-RX6600-8G
電源 玄人志向 KRPW-BK650W/85+
ケース Thermaltake S100 TG
ケースファン 別途購入はなし(ケース付属のリアファンのみ)

上記パーツ構成で組んだ自作PCの詳細は、以下の記事で紹介しています。

ドラゴンクエストX ベンチマーク

ドラゴンクエストX ベンチマークアプリで計測します。

設定は、最高品質、フルHD(1920 x 1080)、フルスクリーンで実施します。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をドドラゴンクエストX ベンチマークで計測(計測前)
ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をドラゴンクエストX ベンチマークで計測(計測中)

計測の結果は、スコア「18332」で、評価「すごく快適」でした。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をドラゴンクエストX ベンチマークで計測(計測終了)
ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をドラゴンクエストX ベンチマークで計測(計測結果)

ドラゴンクエストX ベンチマークは、比較的軽めなので余裕です。

ファイナルファンタジーXIVベンチマーク

ファイナルファンタジーXIVベンチマークアプリで計測します。

設定は、最高品質、フルHD(1920 x 1080)、フルスクリーンで実施します。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をファイナルファンタジーXIVベンチマークで計測(計測前)
ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をファイナルファンタジーXIVベンチマークで計測(計測中)

計測の結果は、スコア「18736」で、評価「非常に快適」でした。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をファイナルファンタジーXIVベンチマークで計測(計測終了)
ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をファイナルファンタジーXIVベンチマークで計測(計測結果)

余裕でプレイ可能です。

ファイナルファンタジー XVベンチマーク

ファイナルファンタジー XVベンチマークアプリで計測します。

設定は、高品質、フルHD(1920 x 1080)、フルスクリーンで実施します。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をファイナルファンタジーXVベンチマークで計測(高品質:計測前)
ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をファイナルファンタジーXVベンチマークで計測(高品質:計測中)

計測の結果は、スコア「7935」で、評価「快適」でした。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をファイナルファンタジーXVベンチマークで計測(高品質:計測終了)
ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をファイナルファンタジーXVベンチマークで計測(高品質:計測結果)

ファイナルファンタジー XVベンチマークは重めですが、高品質で「快適(7935)」なので十分ゲーム可能です。

参考までに、「高品質」→「標準品質」に変更して計測します。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をファイナルファンタジーXVベンチマークで計測(標準品質:計測前)

結果は、スコア「10761」で、評価「とても快適」でした。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をファイナルファンタジーXVベンチマークで計測(標準品質:計測終了)
ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)をファイナルファンタジーXVベンチマークで計測(標準品質:計測結果)

3DMark Time Spy ベンチマーク

3DMark Time Spy ベンチマークアプリで性能を計測します。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)を3DMark Time Spy ベンチマークで計測(計測開始)
ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)を3DMark Time Spy ベンチマークで計測(計測中)

結果は、スコア「7918」でした。

ASUSのRadeon RX 6600 (DUAL-RX6600-8G)を3DMark Time Spy ベンチマークで計測(計測結果)

まとめ

本記事では、ASUSのRadeon RX 6600 搭載グラフィックカード(DUAL-RX6600-8G)を紹介しました。

記事内ではほとんど触れませんでしたが、最大消費電力(TDP)は132Wと省電力であることも魅力的です。省電力であるため温度もそれほど上がりません。

フルHD(1920 x 1080)でのゲームプレイがメインであれば、かなりコスパが高いグラフィックカードです。もちろんそれ以上の解像度でもそれなりにプレイは可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました