【レビュー】MacBook Air 2020年モデル|性能と価格のバランス最高【最新】

ガジェット
【レビュー】MacBook Air 2020年モデル|性能と価格のバランス最高【最新】

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

  • MacBook Air 2020年モデルはどのような用途に向いているか知りたい
  • MacBook Air 2020年モデルの良い点と残念な点を知りたい
  • コスパは良いの?

本記事では、MacBook Air 2020年モデルの製品概要や、
どのような用途に合っているかについて紹介します。

さらに僕がMacBook Air 2020年モデルを実際に使用して感じた、
良い点、残念な点についても紹介します。
また、MacBook Air 2020年モデルは一言で言うと「コスパ最強!」です。
その理由も説明していきます。

また、MacBookには多数のモデルが存在しますので、
まずは自分の用途に合ったモデルを選択することが重要です。

まだどのモデルにするか迷っている方は、
下記の記事で各モデルの比較と選び方を説明していますので、参考にしてください。

MacBook Air 2020年モデルの製品概要

特徴

MacBook Air 2020年モデルは、
最新の第10世代IntelクアッドコアCPUや、最大16GBのメモリが
搭載可能となっており大幅に性能アップしています。

さらにキーボードがこれまで問題が多発していたバタフライ型から
シザー式に変更になり、打鍵感がアップしています。

前モデルは最低SSDが128GBからでしたが、
MacBook Air 13インチ 2020年モデルはストレージ(SSD)が256GBからと倍増していて、
それにも関わらず価格は安くなっています。

一番安いモデルはなんと104,800円(税抜)からとお手頃な価格設定となっています。

スペック

MacBook Air 2020年モデルのスペックをまとめました。

  MacBook Air 2020年モデル
ディスプレイ IPSテクノロジー搭載13.3インチ
2,560 x 1,600ピクセル標準解像度
CPU 1.1GHzデュアルコアIntel Core i3(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)
<上位モデル>
1.1GHzクアッドコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
<オプション>
1.2GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
メモリ 8GB (3,733MHz LPDDR4X)
<オプション>
16GB
ストレージ 256GB
<上位モデル>
512GB
<オプション>
1TB、2TB
グラフィックス Intel Iris Plus Graphics
拡張性(接続端子) Thunderbolt 3(USB-C)ポート×2ポート
3.5mmヘッドフォンジャック
内部ファン数 1つ
本体サイズ/重量 高さ:0.41~1.61 cm、幅:30.41 cm、奥行き:21.24 cm、重量:1.29 kg
価格(税別) 104,800円〜

MacBook Air 2020年モデルのおすすめ用途

MacBook Air 2020年モデルは比較的軽量な作業がメインの方におすすめします。

軽量な作業とは、主にネットサーフィン、音楽鑑賞(音楽管理)、
写真鑑賞(写真管理)、動画鑑賞(Youtubeなど)、
ドキュメント作成(WordやPower Pointでのレポート作成など)を指します。

また、外出先で作業をする方にもMacBook Air 2020年モデルをおすすめします。
重さが1.29kgと現行MacBookの中で最軽量であり、モバイル利用に適しています

実際に使用して感じた良い点、残念な点

良い点

性能と価格のバランスが良く、入門機としてもおすすめ

MacBook Air 2020年モデルはコスパ最強で、入門機には最適と言えます。

一番安い構成では、CPU:デュアルコアCore i3、メモリ:8GB、
ストレージ(SSD):256GBとなり、価格は104,800円(税抜)となります。

実はこの構成でもウェブブラウジングや動画閲覧、ドキュメント作成、
画像編集ぐらいであれば、十分こなせます

もう少しスペックアップした構成として、
CPU:クアッドコアCorei5、メモリ:16GB、ストレージ(SSD):256GBとした場合、
価格は134,800円(税抜)となります。
個人的にはこの構成がコスパ最強だと考えています。

CPUがクアッドコアになり、
メモリも16GBと十分な性能を確保しているにも関わらず、
価格は134,800円(税抜)と言うのは、
今までのMacBookでは考えられないコスパの良さです。

この構成であれば、多少の動画編集もこなせますので、
バリバリ動画編集をすると言う訳でなければ、この選択がベストです。

キーボードが打ちやすい

MacBook Air 2020年モデルは全モデルのバタフライ構造のキーボードとは異なり、
シザー式のキーボードを搭載しています。

個人差はあると思いますが、僕はバタフライ構造のキーボードは打鍵感が少なく、
押した感触もペチペチという感じでキーを打ちにくかったのですが、
MacBook Air 2020年モデルが搭載しているシザー式のキーボードは打鍵感もあり、
非常に打ちやすく改善されています。

キーボードのためだけに前モデルから買い替えても良いと思えるぐらい、
良くなりました。

形状がスリムでカッコイイ

MacBookの形状は奥側から手前に向かって細くシャープな形になっていて、
見た目がすごく薄く見えるスリムな形状になっています。
また、上質なアルミボディがより高級感を際立てています。

重さも1.29kgと現在販売されているMacBookの中では最軽量を誇っています。

カバンやケースから取り出した時に、
このスリムな形状のMacBookが現れるとカッコイイ!と思えます。
カフェで使っていてもお洒落ですよね。

残念な点

動画編集メインでは厳しい

カスタマイズして性能アップしても、
動画編集をメインでされる方にはおすすめしません

ある程度の動画編集はこなせますが、
やはりMacBook Proと比較すると動画の書き出しも倍以上時間がかかったり、
複雑な編集作業を行うと、作業中も重たくなる事も多くなります。

簡単な動画編集や短い時間の動画書き出しに使うぐらいであれば、
十分な性能を持っていると考えていただくのが良いと思います。

MacBook Pro 13インチ 2020年モデルについても以下の記事でまとめていますので、
参考にしてください。

ファンの音がうるさい

MacBook Air 2020年モデルはMacBook Proと比べて排熱機構が弱く
動画編集など負荷のかかる処理を行うと、すぐにファンが回転します。

そのファンの音が意外とうるさく、”ウィーン”と唸っているような音がします。

気になる方はすごく気になると思いますので、
音が静かなMacBookが欲しいと言う方にはMacBook Air 2020年モデルは
おすすめしません。

まとめ

MacBookを初めて使う方や比較的軽い作業がメインの方には、
MacBook Air 2020年モデルはおすすめです。

モバイル利用がメインの方も現行MacBookで最軽量のモデルですので、
MacBook Air 2020年モデルが選択肢に入ると思います。

このような用途に当てはまるのであれば、
MacBook Air 2020年モデルはコスパ最強と言えると思いますので、
是非選択いただければと思います。

MacBook Air とあわせて持っておくと便利なアクセサリも
紹介していますので、参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました