PR

【Windows10/11】WMVファイルとは?WMVファイルを再生できない理由と対処法を徹底解説|4DDiG File Repair

Sponsored Links
IT全般
【Windows10/11】WMVファイルとは?WMVファイルを再生できない理由と対処法を徹底解説|4DDiG File Repair

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

  • 所有しているWMVファイル(動画ファイル)が再生できなくて困っている。
  • 動画修復ソフト「4DDiG File Repair」の製品概要と使い方が知りたい。

動画ファイルには、WMVやMP4、MOV、AVIなど様々な形式があります。中でもWMVは有名でよく使われている形式の一つです。インターネットからダウンロードしたり、人からもらったり、自分で撮影したりと様々な場面で取り扱います。

このように入手した動画ファイルですが、例えば、大切に保管していた思い出の動画ファイルを再生しようとした時に、再生できないといった経験をされたことはないでしょうか?(今まさに困っていてこの記事を見られている方もおられると思います。)

大切な動画ファイルが再生できないともちろん困りますよね。
そこで本記事では、動画ファイル(特にWMV形式のファイル)に焦点を当てて、WMVファイルが再生できない理由(原因)と対処法を紹介します。

再生できない原因が動画ファイルの破損によるものである場合は、ソフトウェアによる復旧が必要となるので、動画修復ソフト「4DDiG File Repair」の製品概要や使い方も紹介します。
無料版も用意されていて、無料版で動画が修復できるかの確認までは実施可能です。

記事ではWMV形式のファイルに焦点を当てていますが、「4DDiG File Repair」は様々な形式の動画の修復にも対応しているので、WMV形式に限らず参考にしていただけます。また、動画以外にも写真などの画像ファイルの修復も可能です。

動画ファイルが再生できずに困っている方は、ぜひ参考にして下さい。

今回は、Tenorshare社からレビュー用に有償ライセンスをご提供いただき、本記事を作成しています。

Sponsored Links

WMVファイルとは?

WMV(Windows Media Video)ファイルは、動画ファイル形式の1つで、マイクロソフトが開発したビデオコーデックです。

オーディオコーデックとしてWMA(Windows Media Audio)があり、WMVの動画の音声としてWMAの組み合わせが用いられる事が多いです。

WMVは、Windowsに標準搭載されている「Windows Media Player」で再生可能であり、同じ時代の他の形式に比べ圧縮率が高いといった特徴があります。一方で、複雑な圧縮処理により、圧縮に時間がかかるといったデメリットもあります。

MacでWMVファイルを再生する方法については、以下の記事が参考になります。

【解決済み】MacでWMVファイルを再生する方法ご紹介
Macの標準プレイヤーであるQuickTime playerで再生しようとするとエラーが発生するため、再生方法が分からないと悩む方も多いのではないでしょうか。この記事では、MacでWMVファイルを再生する方法、WMV動画を復元する方法を解説...

Sponsored Links

Windows11/10でWMVが再生できない原因

WMVコーデックに対応したプレイヤー(再生ソフト)を用意すれば、WMVファイルを再生できます。しかし、再生できないといったトラブルが起きる場合があります。

再生できない場合は、以下のような原因が考えられます。

・WMVファイルが破損
・プレイヤー(再生ソフト)がWMVをサポートしていない
・コーデックパックがインストールされていない
・Windows Media Playerのパージョンが古い
・端末がウイルスに感染
など

このあと説明していきますが、「WMVファイルが破損」している場合は再生環境の問題ではなく動画ファイル自体の問題なので、ソフトウェアを使った修復が必要になります。

「4DDiG File Repair」を使って、破損したWMVファイルを再生・修復する方法

WMVファイルが再生できない場合、いきなり修復を試みるのではなく、以下の4点の確認をした方が良いです。実はファイルに原因があるのではなく、再生環境に問題がある可能性があるからです。

1)他のプレイヤーでWMV動画を再生
動画再生プレイヤーがWMVファイルの再生に対応していない(あるいは対応しているが、おかしくなっている)場合があります。その場合はもちろんWMVファイルを再生できないので、他のWMV対応のプレイヤーを使うことで解決する場合があります。

2)最新のコーデックをインストールする
WMVファイル再生のコーデックが古くて、うまく再生できていない可能性があります。コーデックを最新にすることで解決する場合があります。

3)Windows Media Playerをアップデートする
Windows Media Playerをお使いの場合は、Windows Media Playerをアップデートすることで解決する場合があります。

4)ウィルスに感染していないか確認する
ウィルス感染により正常な動作ができなくなったことで、再生できない可能性があります。ウィルスチェックを実施し、万一感染している場合は駆除することで解決する場合があります。

上記4つの方法でも解決しない場合は、WMVファイルが破損している可能性が高いので、次に紹介するWMVファイルの修復を試みると良いです。

ここからは、動画修復ソフト「4DDiG File Repair」を使ったWMVファイルの修復方法を紹介します。

「4DDiG File Repair」とは?

動画修復ソフト「4DDiG File Repair」は、破損したり、再生できなくなった動画を修復できるTenorshare社が販売するソフトウェアです。

Tenorshare社は、ファイル修復のソフトウェアで実績がある会社です。

動画以外にも写真データの修復機能もあります。

対応するOSはWindows(11、10、8.1、8、7に対応)とMac(10.12以降に対応)です。
※本記事ではWindwos版を中心に紹介しますが、基本的にはMac版も同じです

詳細は、以下の公式サイトでも確認できます。

【公式】Tenorshare 4DDiG 動画修復: 破損した動画の修復・高画質化・カラー化
4DDiG動画修復ツールをダウンロードして、あらゆる問題のある動画を簡単に修復し、画質を向上させ、白黒動画をカラー化します。 あらゆるデバイスからあらゆるファイル形式の修復をサポートします。
【公式】 Tenorshare 4DDiG写真修復ソフト: 破損した写真の修復と復元
4DDiG写真修復ツールをダウンロードして、ぼやけている、露出オーバー、またはピクセル化されている写真を復元します。 それはあらゆるデバイスからあらゆる人気のあるフォーマットを修復することをサポートします。

「4DDiG File Repair」の特徴・機能

「4DDiG File Repair」には、動画の修復写真の修復の機能が備わっています。

主な特徴、機能については以下の通りです。

<動画の修復>

  • 破損したり、再生できなくなった動画の修復
  • 「途切れ途切れになる」、「カクカクする」、「粒子が粗い」、「歪んだりぼやけたりする」ような動画の修復
  • 動画の画質を向上させる高画質化
  • AIによって白黒の映像をカラー化

<写真の修復>

  • 破損したり、表示できない写真の修復
  • 「ぼやけた」、「露出オーバー」、「ピクセル化した」ような写真の修復
  • ワンクリックでAIによる写真画質・解像度の向上
  • 白黒写真の修復とカラー化(破損した古い写真を修復、人物写真の顔の輪郭を強調・鮮明化し、白黒写真の自動色付けが可能)

<その他>
ファイル修復やオーディオ修復といった機能も備えています。

動画は、MP4、MOV、MKV、M4V、3GP、3G2などを含む一般的な動画形式に対応しています。写真は、JPEG、JPG、ARW、CR2、ERF、NEF、PEF、ORF、RAW、SRW、CRW、RAFなどの写真形式に対応しています。

このように動画や写真の修復に関する様々な機能を備え、対応ファイル形式も豊富です。

「4DDiG File Repair」は、有料版に加え、ソフトのお試し利用が可能な無料版も用意されています。有料版の種類や価格の確認、ライセンス購入については、以下の公式サイトから可能です。

【公式】4DDiG File Repairを購入
4DDiG File Repair をお気軽にお試しください。このソフトウェアは、破損した動画・写真を修復するだけでなく、動画・写真の高画質化、白黒動画・写真のカラー化という全く新しい機能を備えています。

「4DDiG File Repair」の使い方

実際に「4DDiG File Repair」を使って、再生できないWMVファイル(動画ファイル)を修復してみます。

再生できないWMVファイルとして「再生できない.wmv」を用意しました。

動画修復ソフト「4DDiG File Repair」で修復する再生できないWMVファイル

WMVファイルを再生しようとすると、エラーが表示されて再生できません。
このWMVファイルを修復できるか試してみます。

動画修復ソフト「4DDiG File Repair」で修復する再生できないWMVファイル(再生時にエラー)

「4DDiG File Repair」を起動します。
左メニューの「動画修復」を選択し、「動画の不具合を修正する」をクリックします。

動画修復ソフト「4DDiG File Repair」を使って再生できないWMVファイルを修復

修復対象の動画ファイルを選択する画面が表示されます。
「動画を追加する」をクリックして、修復対象のファイルを選びます。

動画修復ソフト「4DDiG File Repair」を使って再生できないWMVファイルを修復

修復対象のファイルが画面に表示されます。
「修復開始」をクリックします。

動画修復ソフト「4DDiG File Repair」を使って再生できないWMVファイルを修復

修復が完了すると、「すべての動画が修復されました」というメッセージが表示されます。
「結果を表示」をクリックします。

動画修復ソフト「4DDiG File Repair」を使って再生できないWMVファイルを修復

このように結果が表示されます。
修復された動画をプレビューで確認できます。

動画修復ソフト「4DDiG File Repair」を使って再生できないWMVファイルを修復

もちろん修復した動画をファイルとして書き出すことも可能です。
(書き出したいファイルにチェックを入れて、「選択したファイルをエクスポートする」をクリックすれば書き出しできます。)

動画ファイルの書き出しは、有料版でのみ可能です。あらかじめ無料版で復元できることを確認できるので安心です。

動画修復ソフト「4DDiG File Repair」を使って再生できないWMVファイルを修復
動画修復ソフト「4DDiG File Repair」を使って再生できないWMVファイルを修復

このように簡単な操作で、再生できなかったWMVファイル(動画ファイル)を修復し、再生できるようになりました。

他の高画質化やカラー化も簡単な操作で行うことが可能です。(写真も同様)

まとめ

本記事では、動画ファイル(特にWMV形式のファイル)に焦点を当てて、WMVファイルが再生できない理由(原因)と対処法を紹介しました。

また、再生できない原因が動画ファイルの破損によるものである場合は、ソフトウェアによる復旧が必要となるので、動画修復ソフト「4DDiG File Repair」の使い方も紹介しました。

「4DDiG File Repair」を実際に使い、再生できなかったWMVファイルを見事に修復できました。再生できない動画ファイルを修復したい場合に試してもらいたいソフトウェアです。

【公式】Tenorshare 4DDiG 動画修復: 破損した動画の修復・高画質化・カラー化
4DDiG動画修復ツールをダウンロードして、あらゆる問題のある動画を簡単に修復し、画質を向上させ、白黒動画をカラー化します。 あらゆるデバイスからあらゆるファイル形式の修復をサポートします。
【公式】 Tenorshare 4DDiG写真修復ソフト: 破損した写真の修復と復元
4DDiG写真修復ツールをダウンロードして、ぼやけている、露出オーバー、またはピクセル化されている写真を復元します。 それはあらゆるデバイスからあらゆる人気のあるフォーマットを修復することをサポートします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました