Macのデータを丸ごと簡単にTimeMachine(タイムマシーン)でバックアップする方法

Sponsored Links
ガジェット
Macのデータを丸ごと簡単にTimeMachine(タイムマシーン)でバックアップする方法

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

Macが故障や紛失した時に備えてバックアップをとっておきたい。
Macの標準バックアップソフトウェア(TimeMachine:タイムマシーン)を使ってMacをバックアップする方法が知りたい。

Macの標準バックアップソフトウェア(TimeMachine:タイムマシーン)を使うと、Macのバックアップを簡単に取得できます。

Macのバックアップを取得しておくと、万一、Macが不調になった場合にバックアップを取得した時点にリカバリする(戻す)ことが出来ます。

また、新しいMacを購入した際にTimeMachineで取得したバックアップを使うことで、前のMacの状態を引き継いで新しいMacを使う事が続できます。(Macが故障した場合にも新しいMacで復旧できるので安心です)

本記事では、TimeMachineを使ってバックアップを取得する方法を紹介します。

記事では、macOS Big Sur上で説明を行っていますが、基本的には他のバージョンのmacOSでもそこまで違いはありません。

Macを使用されている方は、TimeMachineでのバックアップは必須と言えます。万一の事態に備えて本記事を参考にバックアップを取得してください。
(実際に痛い目に遭わないとバックアップの大切さはなかなか分かりませんが、痛い目に遭ってからでは遅いので、この記事を見た今のタイミングで初めておくと良いです)

Sponsored Links

TimeMachine(タイムマシーン)とは

TimeMachine(タイムマシーン)とは、Macの標準バックアップソフトウェアで、外付けのストレージを用意するだけでMacのバックアップを簡単に取得できます。

TimeMachineでバックアップを取得するメリットを紹介します。

<TimeMachineでバックアップを取得するメリット>
・Macの調子が悪くなった場合に、調子が良かったバックアップ時点に戻すことができる
・Macが故障した場合に、修理後初期化されたMacや新しいMacに対してバックアップ時点に復旧できる(新しいMacへの移行にも使える)

普段はMacが故障することはあまり考えないと思いますが、不幸はいきなりやってきます。

あなたの大切なデータがいつ失われるか分かりません。

何事も備えあれば憂いなしで、これを機にしっかりとバックアップを取得しておきましょう。

Sponsored Links

TimeMachine用の外付けストレージを準備

TimeMachineでバックアップを行うには、外付けストレージが必要です。

以下の記事に外付けストレージの準備として、外付けストレージの用意とフォーマットの手順を記載していますので、下記の記事に従って準備を行った上で、本記事に戻ってください。

外付けストレージの準備が終わりましたら、次に読み進めてください。

TimeMachineでバックアップを取得する方法

TimeMachineでバックアップを取得する方法を説明します。

Macにバックアップを保存するための外付けストレージを接続します。

画面左上のAppleマークをクリックし、表示される項目の中から「システム環境設定…」をクリックします。

Appleマークのシステム環境設定

「システム環境設定」画面が表示されます。
「TimeMachine」をクリックします。

システム環境設定画面TimeMachine

「TimeMachine」画面が表示されます。
「オプション」ボタンをクリックします。

TimeMachineオプション

オプションでは、バックアップ対象から除外するフォルダを設定できます。
除外フォルダを追加する場合は「+」ボタンをクリックしてフォルダを選択します。

TimeMachineバックアップ対象から除外

選択したフォルダが一覧に表示されます。
複数除外したいフォルダがある場合は、この操作を繰り返します。
除外するフォルダがない場合は「キャンセル」ボタンを、除外するフォルダを設定した場合は「保存」ボタンをクリックします。

TimeMachineバックアップ対象から除外に追加

「TimeMachine」画面に戻りますので、「バックアップディスクを選択…」ボタンをクリックします。

TimeMachineバックアップティスクを選択

ディスクを選択する画面が表示されます。
接続した外付けストレージを選択します。
取得するバックアップを暗号化したい場合は、「バックアップを暗号化」にチェックを入れます。
「ディスクを使用」ボタンをクリックします。

※暗号化を行うと、バックアップ取得時にかかる時間が長くなります

暗号化するメリットは?

外付けストレージを暗号化する事で、外付けストレージを紛失した場合などに、第三者にディスクの内容を盗み取られる事を防ぎます。

TimeMachine一覧から外付けストレージを選択

外付けストレージをAPFS(暗号化)でフォーマットしている場合、「バックアップを暗号化」のチェックを外して「ディスクを使用」ボタンをクリックすると、なぜかAPFSの暗号化の解除を求められます。
暗号化したい場合は、APFS(暗号化)でフォーマットしていても、TimeMachineでの暗号化も必要になります。

「バックアップを暗号化」にチェックを入れた場合、暗号化解除のためのパスワードの入力を求められます。

「バックアップ用のパスワード」、「パスワードの確認」、「パスワードのヒント」を入力し、「ディスクを暗号化」ボタンをクリックします。

TimeMachineバックアップ暗号化パスワード設定

「TimeMachine」画面に戻りますので、「次回のバックアップ」がカウントダウンされていることを確認します。120秒から減っていき、0秒になるとバックアップが開始されますので、待ちます。
※「Time Machineをメニューバーに表示」にチェックを入れておくと、メニューバーからバックアップを実行できて便利です

TimeMachine次回バックアップ実施待ち

カウントダウンが0秒になると、バックアップが開始されます。
バックアップのサイズと残り時間が表示されます。

TimeMachineバックアップ取得中

バックアップが完了すると、「最新のバックアップ」の日時が現在の日時に更新されます。
そして「次回のバックアップ」の時刻も更新されます。

TimeMachineバックアップ取得完了

標準のままでは、バックアップは1時間ごとに自動的に取得されます。
バックアップを手動で自分のタイミングでのみ取得する場合は、「バックアップを自動作成」のチェックを外します。
チェックを外すと「次回のバックアップ」が「自動バックアップ停止中」になり、自動バックアップは停止します。

TimeMachine自動バックアップ停止

手動でバックアップを取得したい場合は、外付けストレージが接続されている状態で、画面上のメニューバーに表示されているTimeMachineのアイコンをクリックし、「今すぐバックアップを作成」をクリックします。

すぐにバックアップ取得が開始されます。

TimeMachine今すぐバックアップを作成

これでTimeMachineによるバックアップの取得は完了です。

まとめ

本記事では、TimeMachineを使ってバックアップを取得する方法を紹介しました。

Macを使用されている方は、TimeMachineで簡単にバックアップを取得できますので、今のうちから万一の事態に備えてバックアップを取得することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました