iPad mini6 の開封レビューと付属品を紹介

Sponsored Links
ガジェット
iPad mini6 の開封レビューと付属品を紹介

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

iPad mini6の開封の様子や本体の外観を見たい(どう梱包されているのか知りたい)。
iPad mini6の付属品を知りたい。

2021年9月に発売されたiPad mini6の梱包や開封の様子、付属品、外観がどのようなものかを知りたいという方に向けて、本記事では、iPad mini6の開封の様子や付属品などを紹介します。

記事を読んで頂ければ、iPad mini6の梱包(開封方法)や付属品、外観に関する疑問が解決します。

Sponsored Links

Apple iPad mini6の商品概要

AppleのiPad mini6は、以下の特徴を備えたタブレット端末です。

・画面サイズ8.3インチで300gを切るコンパクトボディ
・パワフルなA15Bionicチップを搭載
・12MP広角カメラを搭載
・第2世代Apple Pencilに対応
・充電端子にUSB-Cを搭載
・Cellularモデルでは5Gに対応

コンパクトなボディにパワフルな性能を詰め込んだ、魅力的な端末です。

詳細は、以下のAmazonのサイトでも確認できます。

Sponsored Links

iPad mini6の開封の様子を紹介

iPad mini6の開封の様子を紹介します。

このような段ボール箱に梱包されて郵送されてきます。

iPad mini6の配送用段ボール箱

段ボール箱の上部がテープでとめられています。
開封するためにはこのテープを剥がす必要があるのですが、簡単に開けられるようにテープの右端に矢印のついた出っ張りがあり、この出っ張りを左に引っ張ると簡単に開けられるようになっています。

iPad mini6の配送用段ボール箱の開け口

このような感じで、左に引っ張っていきます。

iPad mini6の配送用段ボール箱を開封

段ボール箱の蓋を開けると、中にiPad mini6のパッケージがピッタリと入っています。
衝撃を吸収する様に構造も工夫されています。

iPad mini6の配送用段ボール箱に入っているパッケージ

段ボール箱からiPad mini6のパッケージを取り出しました。
パッケージ全体が薄いビニールで覆われています。

iPad mini6のパッケージ(ビニール梱包)

iPad mini6のパッケージの側面に、ビニールの包装を開けやすい様に出っ張りが用意されています。

iPad mini6のパッケージ(ビニール梱包の開け口)

この出っ張りをめくる事で、ビニールの包装を簡単に開ける事ができます。
さすがはApple製品、これもまた細かい配慮がされていて素晴らしいです。

iPad mini6のパッケージ(ビニール梱包を開ける)

パッケージの表側は可愛らしいデザインです。
(パッケージの配色は購入した本体カラーによって違います。今回はパープルを購入しましたので、パープルのパッケージになります。)

iPad mini6のパッケージ表側

パッケージの裏面にはスペックなどの情報が記載されています。
今回購入したのは、64GBのWi-Fi + Cellularモデルです。

iPad mini6のパッケージ裏側

側面は紫色のアップルマークと「iPad mini」のロゴがプリントされています。
おそらく購入したカラーによってこれらの色が違います。

iPad mini6のパッケージ側面

パッケージの蓋を開けると、iPad mini6本体が入っています。

iPad mini6のパッケージ開封(本体)

iPad mini6の外観を紹介

ここからは、iPad mini6の外観を紹介します。

iPad mini6本体は傷がつかない様に保護シートで覆われています。

iPad mini6本体保護シート前面

背面はこのような感じで保護されています。

iPad mini6本体保護シート背面

保護シートを外すと、全面フル液晶のiPad mini6が現れます。
このシンプルで美しいデザインに惚れてしまいます。

iPad mini6の前面

背面です。
前モデルからカメラが大幅に性能アップしている事もあり、大きなレンズです。
全てのiPadで共通のアップルロゴが中央にあります。
背面のデザインも素晴らしいです。

iPad mini6の背面

側面上側は、電源ボタンと音量ボタン、ステレオスピーカーが配置されています。
電源ボタンはTouch ID(指紋認証)を兼ねています。

iPad mini6の側面上側(電源ボタン、音量ボタン、ステレオスピーカー)

側面下側は、USB-C端子とステレオスピーカーが配置されています。
USB-C端子は汎用性が高いので用途の幅が広がります。

iPad mini6の側面下側(USB-C、ステレオスピーカー)

側面右側(カメラ側)は、磁気コネクタがありApplePencil2が装着可能になっています。
また、CellularモデルではSIMスロット(nano-SIMトレイ)が配置されています。

iPad mini6の側面右側(磁気コネクタ、SIMスロット)

側面左側には何もありません。

iPad mini6の側面左側

iPad mini6の美しいデザインをこのまま使用したいところですが、傷がついてしまうというのを避けたいと思われる方は、デザインを極力損なわずに本体を保護できる「液晶ガラス保護フィルム」と「クリアケース」の記事もあわせて参考にしてください。

iPad mini6の付属品を紹介

iPad mini6の付属品を紹介します。

パッケージからiPad mini6を取り出したその下に書類一式が入った箱が入っています。

iPad mini6の書類一式の箱

書類一式の箱には、説明書やアップルマークのシール、SIMピン(Cellularモデルのみ)などが入っています。

iPad mini6の書類一式(説明書やアップルマークのシール、SIMピン)

パッケージのさらに下には、充電アダプタ(20W)とUSB-Cケーブルが入っています。

iPad mini6の付属品(USB-Cケーブル、充電アダプタ(20W))

付属品は以上です。

まとめ

iPad mini6の梱包(開封方法)や付属品、外観を紹介しました。

iPad mini6は小型ながらもパワフルな性能を持っているので、モバイルなど様々な用途で活躍します。

Apple製品は本体のデザインだけでなく、梱包やパッケージにおいても考えられていて、購入した後の満足度が高いです。

購入を考えている方の参考になればと思います。

iPad mini6の関連記事もあわせて参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました