iPad mini6対応のJustFit スリーブケースをレビュー

Sponsored Links
ガジェット
iPad mini6対応のJustFit スリーブケースをレビュー

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

出し入れがしやすいiPad mini6の収納ケースを探している。
JustFitのスリーブケースがどのような製品か知りたい。

iPad mini6を持って外出する時、そのままカバンに入れて持ち運ぶとカバンの中で他のものに当たって傷がついたり、カバンをぶつけた際に中のiPad mini6を傷つけてしまうといったリスクがあります。

本体にカバーをつけるという方法もありますが、カバーの種類によっては画面部分が守られなかったり、側面が守られなかったりします。

より保護したい場合は、クッション性のある保護ケースに収納して持ち運ぶのが効果的です。

そこで本記事では、iPad mini6対応のJustFit スリーブケースを紹介します。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースは、iPad mini6全体を保護できます。
また、使用時にはサッと取り出すことができるのでiPad mini6をスマートに使えます。

タッチペンやケーブルなどを収納するポケットも備えていて便利です。

Sponsored Links

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースの製品概要

JustFit スリーブケースは、iPad mini6に対応し、適度な強度と柔らかく伸縮性があることが特徴のネオプレン(ウェットスーツ)素材で出来たスリーブケースです。

厚さ約3mmのネオプレン素材により、中のiPad mini6をあらゆる衝撃や傷から保護します。

前面にはタッチペンやケーブルなどを収納するポケットを備えています。

カラーは「ブラック&レッド」、「ブラック&ブルー」、「ブラック&グリーン」の3色が用意されています。

詳細は、以下のAmazonのサイトでも確認できます。

Sponsored Links

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースのパッケージ

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースのパッケージを紹介します。

パッケージはビニール製の袋です。

パッケージの表側です。
透明で中の製品が見えるようになっています。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースのパッケージ表側

パッケージの裏側です。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースのパッケージ裏側

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースの開封と内容物

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースを開封していきます。

パッケージの中には、スリーブケースと注意書きの紙が入っています。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースの内容物

注意書きの紙には、製品の材質にネオプレン(クロロプレンゴム)という合成ゴムを使用しているため、使い始めは独特の匂いがあると記載されています。

匂いが気になる場合の対応方法などが載っています。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースの外観と使用感

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースの外観と使用感を紹介します。

まずは外観を見ていきます。
今回購入した色は「ブラック&ブルー」で、外側がブラック、内側がブルーになっています。
内側の色はあまり見えないので、基本的にはブラックといった感じです。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースの表側

裏側です。
ブラック一色のシンプルな作りです。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースの裏側

スリーブケースとiPad mini6を重ねると、大き過ぎず、小さ過ぎずといった感じで、ちょうど良いサイズです。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースとiPad mini6との大きさを比較

スリーブケースにiPad mini6を入れてみると、少し余裕がある感じでスッポリと入っていきます。
入れにくいといったことは全くありません。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースにiPad mini6を入れる

しっかりと奥まで収まっています。
素材も厚く、iPad mini6を衝撃からしっかりと保護してくれます。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースにiPad mini6を入れた後

次はスマートカバーに非常に似たカバーを着けてスリーブケースに入れてみます。

スマートカバーに非常に似たカバーについては、こちらの記事で紹介しています。

入れる時はかなりキツい感じです。
入らないわけではありませんが、スッと入ることはありません。
押し入れる感じで入ります。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースにカバー付きのiPad mini6を入れる

それでも奥までは入ります。
サッと取り出したい人には厳しいです。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースにカバー付きのiPad mini6を入れた後

もう一つ、ESRのクリアケースに入れた場合を試しました。

ESRのクリアケースについては、こちらの記事で紹介しています。

先程のカバーに比べると入れやすいです。
スッととまではいきませんが、それなりに入れられます。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースにクリアケースに入ったiPad mini6を入れる

もちろん奥までしっかりと入って収まります。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースにクリアケースに入ったiPad mini6を入れた後

スリーブケースの表側にはポケットが2つ付いています。
このポケットにタッチペンやケーブル類が収納できるので、便利です。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースの収納ポケット

最後にもう一つ使用感としてお伝えしておきたいのが、匂いです。

注意書きにも記載されているように、使い始めはゴムの独特の匂いがあります。
個人差はあると思うのですが、僕はそのまま使い始めるには匂いが強いと感じました。

注意書きの通り、1週間ほど陰干しすることで気にならないぐらいのレベルになりました。
(3日ではまだ匂いが残っているような感じでした)

すぐに使い始めたいというのでなければ、陰干しなどで匂いの問題は解消できますので、それほど心配することはないと思います。

iPad mini6用のシンプルなケースは意外と種類が少ないのですが、その中でもJustFit スリーブケースは価格も手頃で良いです。

まとめ

本記事では、iPad mini6対応のJustFit スリーブケースを紹介しました。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースは、iPad mini6全体を保護できます。
また、利用時にはサッと取り出すことができるのでiPad mini6をスマートに使えます。

価格も手頃なJustFit スリーブケースを是非試してみてください。

iPad mini6の関連記事もあわせて参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました