透明度の高いESRのiPad mini6 用クリアケースをレビュー

Sponsored Links
ガジェット
透明度の高いESRのiPad mini6 用クリアケースをレビュー

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

iPad mini6の美しいデザインを損なわず、しっかりと本体を保護してくれる軽量なケースがほしい。

iPad mini6 を購入して、美しい本体をそのまま楽しむのも良いですが、やはり傷が付くのは嫌です。

しかし、ケースを付けることで、せっかくの美しい本体のデザインが損なわれるのも避けたいところです。

そこで、本記事では透明度の高いESRのiPad mini6 用クリアケースを紹介します。

ESRのiPad mini6 用クリアケースは、iPad mini6を衝撃や傷などから保護してくれるだけでなく、その高い透明度により本体のデザイン性を維持してくれます。

また、軽量であるためiPad mini6の良さである軽さも極力損なわないように配慮されています。

ケースは付けたくないけれど、iPad mini6が傷つくのは避けたいと考えている方にぴったりな製品です。

本記事の内容を読んで、参考にして頂ければと思います。

Sponsored Links

ESRのiPad mini6 用クリアケースの製品概要

ESRのiPad mini6 用クリアケースは、ソフトな側面フレームとハードな背面のハイブリッド素材で、透明度が高く黄変しにくい素材を採用しています。

ケース着用時でもApplePencil2の装着が可能です。

重量は約60gと軽量です。

本製品のメーカーであるESRは、これまでもiPadやiPhoneの様々なケースを販売していて、定評のあるメーカーです。

詳細は、以下のAmazonのサイトでも確認できます。

Sponsored Links

ESRのiPad mini6 用クリアケースのパッケージ

ESRのiPad mini6 用クリアケースのパッケージを紹介します。

パッケージは紙製の箱です。

パッケージの表側です。
一見、何の製品のケースか分かりませんが、ちゃんとiPad mini6のケースです。

ESRのiPad mini6 用クリアケースのパッケージ表側

パッケージの裏側です。

ESRのiPad mini6 用クリアケースのパッケージ裏側

ESRのiPad mini6 用クリアケースの内容物

ESRのiPad mini6 用クリアケースの内容物を紹介します。

パッケージを開けると中に入っているのは、以下の2点です。
クリアケースは厳重に保護されています。

<内容物>
・iPad mini6 クリアケース
・クリーニングクロス

ESRのiPad mini6 用クリアケースの内容物

ESRのiPad mini6 用クリアケースの外観

ESRのiPad mini6 用クリアケースの外観を見ていきます。

クリアケースの内側(全体)です。

ESRのiPad mini6 用クリアケースの内側全体

内側の背面はカメラ部分の穴が開いています。

ESRのiPad mini6 用クリアケースの内側カメラ穴

クリアケースの背面(全体)です。

ESRのiPad mini6 用クリアケースの背面全体

外側から見たカメラ部分の穴はこのような感じです。
iPad mini6のカメラは出っ張る形になりましたが、そのカメラの出っ張りも保護できる形状になっています。

ESRのiPad mini6 用クリアケースの外側カメラ穴

側面フレームの上側は電源ボタンとスピーカーの穴が開いています。
音量ボタンは穴が開いているのではなくカバーの上から押す形式になっています。

ESRのiPad mini6 用クリアケースの側面フレームの上側(電源ボタン、スピーカー、音量ボタン)

側面フレームの下側はUSB-C端子とスピーカーの穴が開いています。

ESRのiPad mini6 用クリアケースの側面フレームの下側(USB-C端子、スピーカー)

側面フレームの左側(カメラとは逆側)は小さくESRのロゴがあるだけです。

ESRのiPad mini6 用クリアケースの側面フレームの左側

側面フレームの右側(カメラ側)はApple Pencil2をケースの上からでも装着できるようになっていて、他の部分よりも凹んでいます。

ESRのiPad mini6 用クリアケースの側面フレーム右側(Apple Pencil2を装着可能)

側面フレームの角もしっかりと保護される形状になっています。

ESRのiPad mini6 用クリアケースの側面フレームの角

実際にiPad mini6に装着した感想(画像あり)

実際にiPad mini6に装着した感じを紹介します。

ケース装着後の前面です。
ケースを装着する事で厚さが1〜2mm程度分厚くなります。

ESRのiPad mini6 用クリアケース装着後(前面)

ケース装着後の背面です。
裏面は特に透明度が高いです。
iPad mini6の美しさが損なわれていません。

ESRのiPad mini6 用クリアケース装着後(背面)

側面フレームの上側です。
電源ボタンや音量ボタン、スピーカーの位置はピッタリ合っています。

ESRのiPad mini6 用クリアケース装着後(側面フレームの上側)

側面フレームの下側です。
こちらもUSB-C端子やスピーカーの位置はピッタリあっています。

ESRのiPad mini6 用クリアケース装着後(側面フレームの下側)

側面フレームの左側(カメラとは逆側)です。

ESRのiPad mini6 用クリアケース装着後(側面フレームの左側)

側面フレームの右側(カメラ側)です。
Cellularモデルの場合、SIMスロットがありますが、SIMスロットを開ける場合はケースを外す必要があります。

ESRのiPad mini6 用クリアケース装着後(側面フレームの右側)

純正のApplePencil2ではありませんが、ペンシルもしっかりと磁力で装着できます。

ESRのiPad mini6 用クリアケース装着後(側面フレームにペンシル装着)

安価でかなり使える互換ペンシルの記事もあわせて参考にしてください。

前面のフチはiPad mini6よりも高くなっていて、しっかりと保護されています。

ESRのiPad mini6 用クリアケース装着後(前面の角)

カメラ部分もしっかりと保護されています。

ESRのiPad mini6 用クリアケース装着後(背面のカメラ部分)

このように、iPad mini6のデザイン性を損なわず、しっかりと本体を保護してくれます。

また、とても軽量で装着した際の重さはあまり感じませんでした。

本体を傷付けずに使いたい方にはピッタリの製品です。

液晶画面も保護したいという方は、こちらの記事もあわせて参考にしてください。

まとめ

本記事では透明度の高いESRのiPad mini6 用クリアケースを紹介しました。

iPad mini6を衝撃や傷などから保護してくれるだけでなく、その高い透明度により本体のデザイン性を維持してくれます。

また、軽量であるためiPad mini6の良さである軽さも極力損なわないように配慮されています。

iPad miniのデザイン性と機能性を維持しつつ、保護したい方におすすめです。

iPad mini6の関連記事もあわせて参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました