iPad mini6 におすすめのコスパの高いアクセサリ・周辺機器を紹介

Sponsored Links
ガジェット
iPad mini6 におすすめのコスパの高いアクセサリ・周辺機器を紹介

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

iPad mini6を保護したり、便利に活用するためのおすすめのアクセサリや周辺機器を知りたい。

2021年9月に発売されたiPad mini6は、前モデルからの大幅なアップグレードにより、更に魅力的な端末に仕上がりました。

特に、端子がライトニングからUSB Type-Cに変更となったことで拡張性が上がりました。

また、iPad mini6のデザイン性はとても高く、それ故に、その美しさを保つために傷などをつけたくないと思われる方も多いのではないでしょうか。

iPad mini6を保護したり、便利に活用するためのアクセサリや周辺機器は多数販売されています。

しかし、アクセサリや周辺機器を純正の製品で揃えると非常に高価になってしまいます。

そこで本記事では、純正品ではなく価格を抑えたコスパの高いサードパーティ製を中心として、iPad mini6を保護するためのアクセサリや便利に活用するための周辺機器を紹介します。

記事を参考にして頂くことで、iPad mini6をいつまでも美しく、便利に活用できるようになります。

Sponsored Links

iPad mini6を保護するアクセサリ・周辺機器を紹介

液晶保護ガラスフィルム

iPad mini6の液晶画面に傷が付くと、操作性や映像の美しさが損なわれます。

そこで、液晶画面を傷や衝撃から保護するアクセサリとして紹介するのは、NIMASOの液晶保護ガラスフィルムです。

NIMASOの液晶保護ガラスフィルムは透過率が高く、iPad mini6の美しい映像を損うことはありません。

また、指紋などの汚れが付着しても汚れが取れやすいように加工されているため、簡単に汚れを拭き取ることができます。

画面の映り込みはしやすいですが、映像の美しさを重視する場合はガラスフィルム一択です。

詳細は、こちらの記事で紹介しています。

ペーパーライクフィルム

iPad mini6 でタッチペンを使用して文字や絵を書くとき、ガラス特有のコツコツといった音がしたり、ペン先が滑ったりと書きにくいです。

特にタッチペンをメインで使用する人にとっては致命的です。

タッチペンを多用する方のために、紙のような書き心地を提供してくれるPCフィルター専門工房の iPad mini6 用ペーパーライクフィルムを紹介します。

詳細は、こちらの記事で紹介しています。

本体保護クリアケース

iPad mini6本体を衝撃や傷などから保護してくれるアクセサリとして紹介するのは、ESRのクリアケースです。

本体を衝撃や傷などから保護するだけでなく、その高い透明度により本体のデザイン性を維持してくれます。

また、軽量であるためiPad mini6の良さである軽さも極力損なわないように配慮されています。

詳細は、こちらの記事で紹介しています。

本体保護カバー

iPad mini6のカバーといえば、Apple純正のSmart Folioが真っ先に候補にあがります。

Smart Folioはスリムで、磁力で簡単に装着でき、スタンドにもなり、本体の前面と背面を保護してくれ、カバーをめくるとスリープ状態から自動的に復帰し、閉じるとスリープ状態にしてくれる優れものです。

でもSmart Folioの欠点は、価格が高すぎるという事です。
便利でスマートというのは良いですが、なかなかこの価格は手が出ません。

そこで見た目も機能もApple純正Smart Folioと同等で、低価格のZtotopのiPad mini6用カバーを紹介します。

ZtotopのiPad mini6用カバーはまるでSmart Folioをつけているかのように思えるカバーです。価格を抑えたいと考えている方には最適なアイテムです。

詳細は、こちらの記事で紹介しています。

スリーブケース

iPad mini6を持って外出する時、そのままカバンに入れて持ち運ぶと、カバンの中で他の物に当たって傷がついたり、カバンをぶつけた際に中のiPad mini6を傷つけてしまうといったリスクがあります。

本体にカバーをつけるという方法もありますが、カバーの種類によっては画面部分が守られなかったり、側面が守られなかったりします。

より保護したい場合は、クッション性のある保護ケースに収納して持ち運ぶのが効果的です。

そこで、iPad mini6対応のJustFit スリーブケースを紹介します。

iPad mini6対応のJustFit スリーブケースは、iPad mini6全体を保護できます。
また、使用時にはサッと取り出すことができるのでiPad mini6をスマートに使えます。

タッチペンやケーブルなどを収納するポケットも備えていて便利です。

詳細は、こちらの記事で紹介しています。

Sponsored Links

iPad mini6を便利に活用するアクセサリ・周辺機器を紹介

タブレットスタンド

動画鑑賞やネットサーフィンなどをする際、平らな状態だと画面が見にくいので、手でiPad mini6を斜めにして使用していませんか?

斜めにしていると手が疲れてきますし、平らな場所だと画面が見えにくくてストレスが溜まったり、目が疲れてしまいます。

このような時にスタンドがあればiPad mini6を見やすい角度で固定でき、手にも目にも優しいです。

持ち運びにも便利な、コンパクトにまとまるAmazonベーシックのスマートホン・タブレット用ポータブルスタンドを紹介します。

Amazonベーシックのスマートホン・タブレット用ポータブルスタンドがあれば、家や出先など、どこでも手軽に見やすい角度でiPad mini6を固定できます。(小さくて軽いので、家の中での持ち運びも簡単にできて便利です)

詳細は、こちらの記事で紹介しています。

タッチペン(スタイラスペン)

iPadでタッチペンを使って文字や絵を書きたいと思われている方がまず購入を考えるのがApplePencilです。

ApplePencilはApple純正のタッチペンで、iPadで文字や絵を書くには最適なタッチペンです。

機能的には文句の付け所がないぐらい優れいているApplePencilですが、一番の欠点は値段が高すぎるところです。

プロのイラストレーターの方など、専門的な方が使う場合は、ApplePencilでなければ困る事もあるとは思いますが、それ以外の方が文字や絵を書きたいという場合、ApplePencilはコスパが悪いと言わざるを得ません。

そこで、ApplePencilと比べてそれほど遜色はなく、価格が圧倒的に安い「KINGONEのタッチペン」を紹介します。

KINGONEタッチペンは十分な機能を備え、かつApplePencilよりも断然安く、満足度が高いです。

詳細は、こちらの記事で紹介しています。

モバイルキーボード

メールの返信やドキュメント作成といった大量の文字入力を行う場合、画面タップで入力するのは効率が悪いので、なんとかしたいと思われている方が多いのではないでしょうか。

そのような大量の文字入力を行う場面で、キーボードを活用すると問題は解決します。

特に、キーが打ちやすく、コンパクトで、ワイヤレス接続可能なキーボードであれば、家でも出先でも手軽に使用でき、満足度が上がります。

これらのポイントを全て満たしたおすすめのキーボード「MOBO折りたたみ式Bluetoothキーボード AM-KTF83J」を紹介します。

詳細は、こちらの記事で紹介しています。

MOBOの折りたたみ式Bluetoothキーボードには、後継モデルが発売されています。(使い勝手はそのままに幾つかのアップデートがされているモデルになりますので、記事の内容は参考にして頂けます)

モバイルバッテリー

出先でモバイルバッテリーを1つ持っておくと、バッテリー切れの心配もなく安心です。

数あるモバイルバッテリーの中でもiPad mini6を最大の30Wで充電可能なCIOのモバイルバッテリーを紹介します。

CIOのモバイルバッテリーは急速充電(PD)対応で最大30W出力が可能で10,000mAhの容量があります。

詳細は、こちらの記事で紹介しています。

充電アダプタ(充電器)

iPad mini6は最大30Wでの高速充電に対応しています。

しかし、付属の充電アダプタは最大20Wまでの出力しか対応していません。

そこで、おすすめなのは最大30W以上で充電できる充電アダプタ(充電器)です。
各社から販売されていますが、その中でもおすすめなのはAnker、CIO、RAVPOWERの充電アダプタです。

同時にスマートホンなどの別の機器も充電したい場合は、出力が大きくてポートが複数備わっている製品を選択すると良いです。

ポータブルSSD

ディスク容量が不足した場合や、大量のデータを保存しておく場合、ポータブルSSDがあると便利です。

ポータブルSSDの中でも定評のあるSanDiskのポータブルSSDを紹介します。

ポータブルSSDを使えば、容量不足も大容量データの持ち運びの問題も全て解決します。
特にiPad mini6は最大でも256GBの容量なので、容量不足を感じる方にはおすすめです。

詳細は、こちらの記事で紹介しています。
(記事内のモデルは少し古いモデルになりますが、現行モデルの方が性能は上なのでその前提で参考にして頂ければと思います)

マルチハブ

iPad mini6からHDMIケーブルで映像を出力したり、SDカードを読み込んだり、USB (Type-A)の機器を接続したい場合、どうしたら良いか困っていませんか?

USB Type-C端子1つでこれらのケーブルや機器を接続可能にするマルチハブがあると便利です。

Anker製やSatechi製が使い勝手も良く、人気が高いのでおすすめです。

マルチハブがどのような製品かを知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

HDMI変換アダプタ

iPad mini6からHDMIで画面出力したい場合、先ほど紹介したマルチハブを使用しても良いのですが、画面出力だけであれば専用のHDMI変換アダプタがコンパクトで便利です。

Anker製のHDMI変換アダプタを紹介します。

詳細は、こちらの記事で紹介しています。

クリーニングクロス

iPad mini6に限らず、タブレットを使用していると液晶画面に指紋がベッタリ付いて汚れてきます。

汚れた状態で使用していると、指の滑りが悪くなり、画面も見えにくくなります。

このような時に便利なエレコムのクリーニングクロスを紹介します。

このエレコムのクリーニングクロスはベリーマXという超極細分割繊維を使用していて、汚れをしっかりと繊維の間に捉えます。

この繊維の機能により、指紋汚れなどを綺麗に除去してくれ、これまで必死で拭いていた苦労から開放されます。

詳細は、こちらの記事で紹介しています。

まとめ

本記事では、純正品ではなく価格を抑えたコスパの高いサードパーティ製を中心として、iPad mini6を保護するためのアクセサリや便利に活用するための周辺機器を紹介しました。

紹介した記事の内容を参考にして、iPad mini6をいつまでも美しく、便利に活用して頂ければと思います。

iPad mini6の関連記事もあわせて参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました