Apple AirTagの探し方、「探す」アプリの使い方を紹介

Sponsored Links
ガジェット
Apple AirTagの探し方、「探す」アプリの使い方を紹介

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

Apple AirTagを実際に探す方法が知りたい。
iOS(iPadOS)アプリの「探す」アプリを使用してAirTagを探す方法を知りたい。

カバンなどの大切な物にAirTagを付けておき、その大切な物が見つからなくなった場合にAirTagの場所を探す事で、大切な物を見つける事ができます。

本記事では、iOS(iPadOS)の標準アプリである「探す」アプリを使用してAirTagを実際に探す方法を紹介します。

記事の内容に従って「探す」アプリを使用する事で簡単にAirTagの場所を知る事ができます。

尚、AirTagを探すには、AirTagの初期設定(登録)を完了している必要があります。

まだ初期設定が完了していない場合は、まず下記の記事の通りに初期設定を行ってください。

Sponsored Links

「探す」アプリを使用してAirTagを探す

「探す」アプリを使用してAirTagを探す方法を紹介します。

「探す」アプリを起動します。

Apple AirTag 探すアプリ起動

「持ち物を探す」を選択します。
持ち物を探すを上に伸ばします。(画像の矢印方向に伸ばします)

Apple AirTag 探すアプリ持ち物を探す

所持している持ち物の一覧が表示されます。
その中にAirTagが表示されています。(今回は「AirTag」という名称を付けてあります)

探したいAirTagを選択します。

Apple AirTag 探すアプリ持ち物を探すで探したいAirTagを選択

AirTagの場所が地図上に表示されます。
(初期設定時にリスのアイコンを指定しましたので、そのアイコンが表示されています)

AirTagがある場所の住所も表示されています。
さらに「経路」には現在地からAirTagまでの距離と時間が表示されています。
※ここで表示される距離と時間は参考値です(誤差があります)

AirTagがある場所までの経路を知りたいので、「経路」を選択します。

Apple AirTag 探すアプリAirTagの場所(位置)

現在地からAirTagまでの道順が表示されます。
また、目的地までの距離と時間も表示されます。

AirTagまでの道をナビしてもらうために、「出発」を選択します。

Apple AirTag 探すアプリAirTagまでの経路

iOS(iPadOS)純正のマップアプリが開き、ナビが開始されます。
ナビに従って歩いていきます。

Apple AirTag マップアプリで経路表示

目的地(AirTagがある場所)付近まで歩いてきました。

Apple AirTag マップアプリで目的地付近に到着

アプリを切り替えて、「探す」アプリに戻ります。

「サウンドを再生」を選択することでAirTagから音を鳴らすこともできますので、音を鳴らしたり、辺りを見回したりしてAirTagを探します。

Apple AirTag 探すアプリでAirTagの音を鳴らす

無事にAirTagが見つかりました。
画面にも「自分が所持中」と表示されています。

Apple AirTag 探すアプリでAirTagを発見

AirTagが無事に見つかりましたので、これで完了です。

Sponsored Links

まとめ

本記事では、iOS(iPadOS)の標準アプリである「探す」アプリを使用してAirTagを実際に探す方法を紹介しました。

「探す」アプリを使うことで、AirTagの位置を簡単に検出でき、そこまでの道順も示してくれます。

大切な物にはAirTagを付けておきたいですね。

AirTagの関連記事もあわせて参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました