マリオカート ライブ ホームサーキット をレビュー|コース作成編

ガジェット
マリオカート ライブ ホームサーキット をレビュー|コース作成編

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

Nintendo Switch で発売されたマリオカートライブホームサーキットを購入して、初期設定も完了したので、コースの作り方と、実際にプレイする方法を教えてほしい。

Nintendo Switchの新しいマリオカートが
2020年10月16日に発売されました。

すでに初期設定まで終えた方に、
コースの作り方と簡単なプレイ方法を説明します。

初期設定がまだの方は、以下の記事を参考に、
先に済ませてから読み進んでください。

本記事の通りに進めていくと、
コース作成が完了し、ゲームがプレイできるようになります。

マリオカートライブホームサーキットのコースを作成

それではコースの作成方法を説明します。

Nintendo Switch本体の電源をONにします。

マリオカートホームサーキットを起動します。
タイトル画面が表示されたら「Lボタン」と「Rボタン」を同時に押して
ゲームを始めます。

この画面が表示されます。

カートの右側にあるボタンを押して、
カートの電源をONにします。

今回は一人でプレイするので、「ひとりであそぶ」を選びます。

この画面で、「Xボタン」を押します。

チュートリアルが終了していない場合は、
チュートリアルを終えると、この画面が表示されます。

画面に、「ハコからゲートをとりだしてください。」と
表示されます。

付属のゲート(ゲート1〜4)を用意します。

画面にゲートの組み立て方が表示されます。

ゲート1から組み立てていきます。

ゲートの足がゲートの中に格納されていますので、
回すようにゲートの足を引出します。

反対側の足も同様に引出します。

足の先端の黒い部分を外側に折り、
ベロを中に入れ、ベロの出っ張りを穴に差し込みます。
両方の足を組み立てればゲートの完成です。

次にこの画面が表示されますので、
残りのゲート2〜4も同様に作成します。

次にこの画面が表示されますので、「Aボタン」を押します。
これから作成したゲート4つを使ってコースを作っていきます。

「Aボタン」を押します。

「Aボタン」を押します。

「Aボタン」を押します。

実際にゲートを4つ並べてコースを作成します。

カートが1から4まで順番に通った時に、
ゲートの数字がカートから順番に見えるように
なっている必要があります。

今回は単純な楕円のコースを作成しました。

カートをゲート1の前に移動させます。

カートのカメラからゲートに記載されている「1」が
写っていればOKです。

このような画面が表示されますので、
これからゲート1〜4を順番にカートで通っていきましょう。

ジュゲムにカートのタイヤに紫色のペンキを塗られます。

カートが通った場所にペンキが塗られ、
それがコースとして認識されるようになっています。

始めにゲート1を通過します。

次にゲート2を通過します。

ゲート3は曲がった先にありますので、
カートを操作してゲート3の前に移動します。

そのままゲート4を通過します。

最後にゲート1の前まで戻ってくると、
このような画面が表示され、コースの作成は完了です。

「つぎへすすむ」を選択します。

マリオカートライブホームサーキットで作成したコースで遊ぶ

この画面が表示されたら、
カートをゲート1の前に移動させます。

カートがゲート1前に到着すると、
このような画面になりますので、「Xボタン」を押します。

カウントダウンが始まります。

レーススタートです。

基本操作
 Aボタン:アクセル
 Bボタン:ブレーキ/バック
 Xボタン:クラクション
 Lボタン:アイテム使用
 Rボタン:ドリフト

実際のカートからの映像の上に敵キャラや
アイテムボックスなどが表示されます。

バナナの皮を踏むと、カートが停止したり、
きのこを使うとダッシュしたりと、すごくよく出来ています。

まとめ

これでマリオカートライブホームサーキットの
コース作成と簡単なプレイが出来ました。

今回は非常にシンプルなコースを作成しましたが、
複雑なコースを作成したり、24種類の仕掛けでコースに
変化を加えたり、50cc〜150ccレースが用意されていたりと
盛り沢山で遊べます。

本記事の内容が基本になりますので、
そこからアレンジして楽しんでいただければと思います。

マリオカートライブホームサーキットの他の記事もあわせて
参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました