Apple AirTagの開け方、閉め方と電池交換の方法を紹介

Sponsored Links
ガジェット
Apple AirTagの開け方、閉め方と電池交換の方法を紹介

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

Apple AirTagの電池交換やリセットのために、開け方と閉め方を知りたい。
Apple AirTagで使用する電池の種類や電池交換の方法を知りたい。

Apple AirTagはバッテリーではなく、ボタン電池で稼働しています。

そのため、ボタン電池が切れた場合に交換が必要でAirTagを開けて交換する事になります。
また、AirTagのリッセットを行う場合もAirTagを開ける必要があります。

本記事では、AirTagの開け方と閉め方、使用する電池の種類と電池交換の方法を紹介します。

記事の内容を読んでいただければ開け方のイメージを掴んでもらえ、簡単に開け閉めと電池交換ができるようになります。

Sponsored Links

Apple AirTagの開け方

Apple AirTagの開け方を紹介します。

Apple AirTag

AirTagのAppleマーク側に親指2本を乗せます。
しっかりと奥に押し込みながら時計と反対方向に回します。

Apple AirTag親指2本を乗せる

時計と反対方向に30度ぐらい回します。

Apple AirTag時計と反対方向に回す

AirTagのAppleマーク側はカバーになっていますので、持ち上げると簡単に外れます。

Apple AirTagカバーが外れる

Sponsored Links

Apple AirTagで使用する電池の種類と電池交換の方法

Apple AirTagで使用する電池と電池交換の方法を紹介します。

AirTagにはCR2032ボタン電池が採用されています。
(購入時はPanasonic製のCR2032が入っていました)

CR2032ボタン電池は100円均一のお店にも売っていますので、手軽に入手できるところが嬉しいです。

CR2032ボタン電池1つで約1年間稼働します。

Apple AirTag用ボタン電池CR2032

ボタン電池は軽くハマっているだけなので、指でさわると簡単に外れます。

Apple AirTag用ボタン電池CR2032を外す

ボタン電池を取り出せました。

Apple AirTag用ボタン電池CR2032取り出し完了

こうして並べてみると、AirTagはカバーと電池と本体で構成されていることがよく分かります。

Apple AirTagのカバー、本体、電池

古いボタン電池を取り出しましたので、新しいボタン電池を本体に装着します。

Apple AirTag用新しいボタン電池を用意

ボタン電池を本体に乗せた後、上から軽く押し込みます。

Apple AirTag用の新しいボタン電池を装着

Apple AirTagの閉め方

Apple AirTagの閉め方を紹介します。

AirTagのカバーの部分に3箇所のツメ(突起)があります。
一方、本体側には3箇所の溝があります。

このツメと溝が噛み合うことで閉まる構造となっています。

Apple AirTagのツメと溝の場所

ツメと溝が合うようにカバーを乗せます。

Apple AirTag用のカバーを閉める

閉じたカバーの上に親指2本を乗せます。
しっかりと奥に押し込みながら時計方向(開けた時とは逆向き)に回します。

Apple AirTagに親指2本を乗せる

時計方向に30度ぐらい回します。

Apple AirTagを時計方向に回す

横から見てもしっかりと閉まっています。

Apple AirTagを横から見て閉まっていることを確認

これで完了です。

Apple AirTagを閉めた後

まとめ

本記事では、AirTagの開け方と閉め方、使用している電池の種類と電池交換の方法を紹介しました。

電池を交換する場合は、電池の種類をしっかりと確認して間違えずに購入してもらえれば、交換自体は簡単にできます。

AirTagの関連記事もあわせて参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました