GoPro HERO9発売|HERO8との違いや進化したポイントを比較

ガジェット
GoPro HERO9発売|HERO8との違いや進化したポイントを比較

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

GoPro HERO9が発売されたけれど、GoPro HERO8との違いを知りたい。HERO8から進化したポイントを教えてほしい。

GoProは2020年9月16日にアクションカムの新製品である
「GoPro HERO9」を発表しました。

発売も同日から開始されました。

気になるのは、前モデルであるGoPro HERO8から
何が進化したのかというところではないでしょうか?

本記事では、GoPro HERO9がHERO8から
進化したポイントを紹介します。

今回の進化はとても大きいです。
また、機能と価格のバランスが過去最高で、GoPro HERO9は買いだと思います。

GoPro HERO9 の大幅な進化ポイントを5つ紹介

GoPro: Introducing HERO9 Black – More Everything

GoPro HERO9 の進化ポイントの中で、
特に大きな進化ポイントを5つ紹介します。

GoPro HERO9 の進化ポイント1「自撮りに最適な前面液晶」

正面液晶で撮影映像を表示可能

正面液晶がカラー液晶になりました。

カラー液晶になっただけでなく、
撮影している映像を表示できるようになり、
自撮り撮影をしやすくなりました。

設定で正面液晶の表示をOFFにもできます。

背面液晶のサイズがアップ

背面液晶のサイズが大きくなりました。

GoPro HERO8の背面液晶のサイズは「2インチ」でしたが、
HERO9は「2.27インチ」に大型化されています。

GoPro HERO9 の進化ポイント2「時間を遡れる!?」

録画開始前の映像を最長30秒間記録する「HindSight」
この機能を使うと、撮影の最大30秒前に遡って撮影可能です。

ショットの前後1.5秒間を記録する「LiveBurst」
この機能を使うと、撮影の前後1.5秒間分の画像が
撮影されますので、その中からベストショットを選らべます。

当然ですが、レンズが捉えている映像を遡るので、
レンズを撮りたいものと違う方向に向けているとダメです。

GoPro HERO9 の進化ポイント3「バッテリー駆動時間30%アップ」

GoPro HERO9はバッテリー容量が増えました。

GoPro HERO8のバッテリー容量は「1220mAh」でしたが、
HERO9は「1720mAh」と約1.4倍になり、
動作時間が約30%アップしました。

GoPro HERO9 の進化ポイント4「手ブレ補正機能が進化」

GoPro HERO9は手ブレ補正機能「HyperSmooth」が進化しています。

GoPro HERO8の手ぶれ補正機能は「HyperSmooth 2.0」でしたが、
HERO9は「HyperSmooth 3.0」になりました。

HERO8に比べて、手ぶれ補正が強化されています。

GoPro HERO9 の進化ポイント5「4K撮影→5K撮影に進化」

GoPro HERO9は5K映像を撮影可能になりました。

HERO8は4K映像まで撮影可能でしたが、
HERO9では「5K 30fps」の撮影が可能です。

画素数も増えており、HERO8の「1200万画素」から
HERO9の「2000万画素」になりました。

GoPro HERO9 の注意点

GoPro HERO9 は HERO8 よりも本体サイズが大きく、重い

GoPro HERO9は新筐体になり、本体サイズが大きくなりました。

HERO8は、W66.3mm x H48.6mm x D28.4mmでしたが、
HERO9は、W71.0mm x H55.0mm x D33.6mmと
一回り大きくなっています。

HERO8用のケースなど、流用できないアクセサリが
ありますので要注意です。

本体サイズが大きくなったことにより、重量も増えています。

HERO8は、約126gでしたが、
HERO9は、約158gと、
約32g重たくなっています。

まとめ

GoPro HERO9は更なる進化を遂げました。

買おうか迷っている方、GoPro HERO9は買いではないでしょうか。

HERO8と比較して、進化しているポイントも多く、
個人的には前面液晶とバッテリー駆動時間アップだけでも
非常にありがたく、購入を決めました。

開封の様子と付属品の紹介については、
下記の記事をあわせて参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました