GoPro HERO9 Blackの役立つ情報をまとめて紹介

ガジェット
GoPro HERO9 Blackの役立つ情報をまとめて紹介

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

GoPro HEOR9に関する情報をまとめて知りたい。

2020年9月16日にGoPro HERO9が発売されました。

本記事では、GoPro HERO9に関連する様々な情報を
まとめて紹介します。

旧モデルとの比較や、おすすめのアクセサリ、
設定方法や小技などを紹介しますので、参考にしてください。

GoPro HERO8との違いや進化ポイントを紹介

アクションカムの新製品である「GoPro HERO9」

前モデルであるGoPro HERO8から進化したポイントを紹介します。

GoPro HERO9 の進化ポイント
1.自撮りに最適な前面液晶
2.時間を遡れる!?
3.バッテリー駆動時間30%アップ
4.手ブレ補正機能が進化
5.4K撮影→5K撮影に進化

詳細は下記の記事で紹介しています。

GoPro HERO9の開封の様子と付属品を紹介

GoPro HERO9の開封の様子と共に、
付属品を紹介します。

今回のGoPro HERO9は持ち運びにも利用できる
ハードケースに一式が収納されています。

詳細は下記の記事で紹介しています。

GoPro HERO9におすすめのアクセサリを紹介

おすすめのレンズ・ガラス保護フィルムを紹介

GoPro HERO9 を購入された方は、
GoPro本体を外に持ち出す機会が多いと思います。

持ち運ぶと、鞄の中で他の物に当たったり、
撮影時の不注意でレンズや液晶画面をぶつけたりして
傷がつく事があります。

傷が付くとショックですよね。
そのような傷から保護するために、
レンズと液晶画面用のガラス保護フィルムは必須です。

詳細は下記の記事で紹介しています。

おすすめの自撮り棒にもなる三脚を紹介

GoPro HERO9 で撮影する際には必須とも言える自撮り棒と三脚。

これらをバラバラに購入すると、持ち運び時にかさばり、
付け替えも手間がかかります。

そこで、おすすめするのは、自撮り棒としても
三脚としても使える便利なアイテムです。

詳細は下記の記事で紹介しています。

サイドカバーを紹介

GoPro HERO9を充電する際、
サイドカバーを開けた状態のままで
充電ケーブルを差し込んで充電する必要があります。

毎回サイドカバーを開けるのも手間ですし、
蓋が開いた状態でないと充電できないのは不便です。

このサイドカバーは取り替えができますので、
充電端子部分に穴が開いているカバーに取り換える事で、
サイドカバーを開けずに充電が可能になります。

これは非常に便利で、必須アイテムです。

GoPro HERO9の各種設定方法や小技を紹介

背面液晶の感度・反応の悪さを改善する方法

GoPro HERO9の背面液晶は操作していて反応しないことが多く、
お世辞にも反応が良いとは言えません。

スムーズに動くようにするための方法を紹介します。
これまでの反応の悪さによるイライラから解消されます。

詳細は下記の記事で紹介しています。

起動時や操作時の音を小さくする方法、消す方法を紹介

GoPro HERO9 はデフォルトでは起動時や電源OFF時、
操作時にかなり大きな音量でピピピと音が鳴ります。

起動時や操作時の音を小さくしたい、
あるいは音が出ないようにしたいと
思われている方は多いのではないでしょうか。

この音の音量を出ないようにする、
あるいは音を小さくする方法を紹介します。

詳細は下記の記事で紹介しています。

撮影した動画ファイルをmacに取り込む方法を紹介

GoPro HERO9で撮影した動画を編集や保存の目的で
macに取り込みたいと思う方に向けて、
GoPro HERO9で撮影した動画をmacに取り込む方法を紹介します。
(GoPro HERO8以前でもほとんど同じ方法で取り込みが可能です)

動画を取り込む方法はいくつか存在しますが、
その中でも手軽に取り込める2つの方法を紹介します。

詳細は下記の記事で紹介しています。

まとめ

GoPro HERO9の購入を考えている方、
購入後に活用される方に向けて記事をまとめました。

GoPro HERO9は機能と価格のバランスが良く
アクションカメラの中ではおすすめです。

購入を考えている方は、ぜひ購入されることをおすすめします。

すでに購入されている方は更に活用するための
ヒントして頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました