【高コスパ】DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」をレビュー

Sponsored Links
ガジェット
【高コスパ】DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」をレビュー

この記事では、次のような疑問や悩みに答えます。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」がどのような製品かを知りたい。

高性能なCPUの冷却、あるいはCPUを良く冷やしたいといった場合には、簡易水冷のCPUクーラーが候補に上がります。
しかし、簡易水冷のCPUクーラーは空冷に比べて高価になり、設置スペースも必要になります。

最上位のCPUでなければ(Corei7ぐらいまでであれば)、空冷のCPUクーラーでも冷却可能です。空冷であれば簡易水冷と比べて価格も抑えられます。

そこで本記事では、安価で冷却性能が高いDEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」を紹介します。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」は、安価でありながら十分な冷却能力を備えているので、費用を抑えつつ、しっかりと冷却したい方におすすめの製品です。

Sponsored Links

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」の製品概要

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」は、120mmのファンを1機搭載した空冷のCPUクーラーです。

対応するCPU(ソケット)は以下の通りです。
Intel:LGA1700、LGA1200、LGA1151、LGA1150、LGA1155
AMD:AM4

4本のヒートパイプと大型のフィンを搭載し、高い放熱性を備えています。

ファンの回転数は500〜1850 RPMで、ノイズは29dB以下と静音性が高いです。

高さは155mmあるので、ケースに収まるか予め確認が必要です。

カラーはブラックとホワイトの2色が用意されています。

詳細は、以下のAmazonのサイトでも確認できます。

Sponsored Links

DEEPCOOL「AK400」のパッケージ

DEEPCOOL「AK400」のパッケージを紹介します。

パッケージは紙製の箱です。

パッケージの表側です。
製品の型番と写真が大きくプリントされています。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」のパッケージ表側

パッケージの裏側です。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」のパッケージ裏側

DEEPCOOL「AK400」の内容物

DEEPCOOL「AK400」のパッケージを開封します。

開封すると中には、CPUクーラー本体、マウント用パーツ類、マニュアルが入っています。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」の内容物

マウント用パーツ類は、各種CPUソケットに対応できるように複数種類入っています。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」に付属のマウント用パーツ類

DEEPCOOL「AK400」の外観

DEEPCOOL「AK400」の外観を紹介します。

正面(ファン取り付け側)です。
120mmのファンの存在感が大きいです。ファンの中心には「DEEPCOOL」のロゴがプリントされています。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」の本体正面

背面のフィンは直線的ではなく、凹凸があります。
フィンの間に4本のヒートパイプが通っています。
フィンの面積が大きいので、冷却性の高さが期待できます。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」の本体背面

フィンの側面は約45mmあります。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」の本体右側面
DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」の本体左側面

上部は、黒をベースとしたデザインにロゴがプリントされています。
こちら側が装着時に見える部分になります。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」の本体上部

底面(CPUとの接地面)です。
最初からグリスが塗布されています。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」の本体底面

DEEPCOOL「AK400」を取り付け

DEEPCOOL「AK400」を取り付けていきます。

今回は、下記の記事で組み立てた自作PCのリテールクーラーと交換して取り付けます。

Core i5 12400のリテールクーラーは性能面では十分冷却できるので問題はないのですが、ファンが小さいので高負荷時にファンの回転数が上がり、音がうるさいため、静音性の向上も期待して「AK400」に交換します。

今回取り付ける対象のCPUソケットはLGA1700です。

LGA1700への取り付けに必要なマウント用のパーツは以下になります。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」に付属のLGA1700用マウントパーツ

LGA1700に取り付けるためには、マザーボードの背面に取り付けるバックプレートのネジ位置を外側に移動させる必要があります。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」のマウントパーツネジ位置移動前
ネジ位置移動前
DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」のマウントパーツネジ位置移動後
ネジ位置移動後

マザーボードの背面からベースとなるバックプレートを取り付けます。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」のマウントパーツ取り付け前
DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」のマウントパーツ取り付け後

マザーボードの表側に出てきた穴に、パーツを取り付けます。
これでCPUクーラーを取り付ける準備は完了です。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」のマウントパーツ取り付け前
DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」のマウントパーツ取り付け後

CPUクーラーを取り付け、2箇所のネジを締めると完了です。
※ネジを締めるためには一度ファンを取り外す必要があります

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」をマザーボードに取り付け後

DEEPCOOL「AK400」とCorei5 12400のリテールクーラーの性能を比較

DEEPCOOL「AK400」とCorei5 12400のリテールクーラーの性能を比較します。

比較結果は以下の記事で紹介しています。
圧倒的な冷却性と静音性を備えていました。

まとめ

本記事では、安価で冷却性能が高いDEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」を紹介しました。

DEEPCOOLのCPUクーラー「AK400」は、安価でありながら十分な冷却能力を備えているので、費用を抑えつつ、しっかりと冷却したい方におすすめの製品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました